背景情報

RDS を使用すると、データベースのバージョンをアップグレードできます。 利用可能な対象バージョンの詳細については、RDS コンソールのオプションまたはプロンプトをご参照ください。

注意

  • 現在、この操作は MySQL 5.5 から MySQL 5.6 データベースへのアップグレードにのみ適用されます。
  • アップグレードするデータベースのバージョンのインスタンスを最初に購入し、アップグレード前にその互換性を確認することを推奨します。
  • データベースのアップグレードプロセス中に、RDS サービスが約 30 秒一時的に切断されることがあります。 運用への影響を避けるために、オフピーク時にデータベースをアップグレードすることを推奨します。 または、アプリケーションに自動再接続ポリシーが設定されていることを確認してください。

手順

  1. RDS コンソールにログインします。
  2. 対象インスタンスのリージョンを選択します。
  3. インスタンスの ID をクリックして、[基本情報] ページに移動します。
  4. 次の図に示すとおり、[設定情報] エリアで、[データベースのアップグレード] をクリックします。


  5. [データベースバージョンのアップグレード] ページで、対象のデータベースバージョンを選択し、[アップグレードの開始] をクリックします。