ECS インスタンスに基づいてカスタムイメージを作成できます。 すなわち、すべてのディスクを完全にコピーしてデータをイメージにまとめることができます。

このプロセス中に、システムディスクとデータディスクを含むインスタンスのすべてのディスクに対してスナップショットが自動的に作成されます。 作成されたすべてのスナップショットが新しいカスタムイメージを構成します。 次の図はプロセスの詳細を示します。



スナップショットからイメージを作成する方法については、「スナップショットを使用したカスタムイメージの作成」をご参照ください。

留意事項

  • データセキュリティを保証するために、カスタムイメージを作成する前に ECS インスタンス内のすべての機密データを削除したことを確認してください。
  • 作成中は、インスタンスのステータスを変更しないでください。 具体的には、インスタンスの停止、起動、または再起動です。
  • カスタムイメージにデータディスクが含まれている場合は、新しいデータディスクと ECS インスタンスが同時に作成されます。 データディスク上のデータは、マウントデバイスに従って、カスタムイメージ内のデータディスクスナップショットを複製します。
  • データディスクを含むカスタムイメージをエクスポートできます。
  • データディスクを含むカスタムイメージを使用してシステムディスクを置き換えることはできません。

手順

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 対象のリージョンを選択します。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンス] をクリックします。
  4. 対象のインスタンスを検索し、[詳細] > [ディスクとイメージ] > [カスタムイメージを作成] をクリックします。
  5. イメージの名前と説明を入力します。
  6. [作成] をクリックします。

イメージは、すべてのディスクのすべてのスナップショットが作成された後に使用可能になります。

追加操作

スナップショットを使用したカスタムイメージの作成」をご参照ください。