Alibaba Cloud Distributed File System により、ECS に対して安定した効率的なデータアクセスおよび 信頼性が提供されます。 三重化技術、つまりデータの 3 つのコピーを作成し、分散させる処理は、Alibaba Cloud Distributed File System において実装された原則的なコンセプトです。

クラウドディスク上で、読み込みおよび書き込み操作を実行する場合、その操作はAlibaba Cloud データストージシステムに保存されたファイル上の対応する処理に変換されます。 Alibaba Cloud の分散ファイルシステムは、チャンクと呼ばれる、スライスに分割されたリニアアドレススペースでフラットデザインを利用しています。 それぞれのチャンクは、異なるラックの異なるサーバーノード上に保存された 3 つのコピーを持ちます。 これによりデータの信頼性が保証されます。



三重化技術の動作方法

三重化技術は 3 つの主要なコンポーネントを含みます: マスター、チャンクサーバーおよびクライアントです。 どのように三重化技術が機能しているかを解説するために、この例では、クライアントにより実行される前に、ECS ユーザーの書き込み処理はいくつか変換されます。 プロセスは以下のようになります。

  1. クライアントは、書き込み処理に対応するチャンクの場所を決めます。
  2. クライアントはマスターへリクエストを送り、チャンクの 3 つのコピーのあるストレージの場所 (つまり、チャンクサーバー) を照会します。
  3. クライアントは、マスターから返された結果に応じて書き込みリクエストを、対応する 3 つのチャンクサーバーに送ります。
  4. クライアントは、操作が成功したかどうかを示すメッセージを返します。

この戦略により、チャンクのすべてのコピーが異なるラックの異なるチャンクサーバーに分散されることが保証され、チャンクサーバーまたはラックのエラーによって起こる全体的なデータ損失の可能性を効果的に減らすことができます。

データ保護

破損したノードまたはハードドライブのエラーによりシステムエラーが起こる場合、チャンクは関連づけられた 3 つの有効なコピーのうち 1 つ以上を失うことがあります。 このようなことが起こった場合、三重化技術が有効化され、マスターが、チャンクサーバー間のデータを複製し、異なるノード間で失われたチャンクコピーを置き換えます。



要約すると、クラウドディスク上のすべての操作 (追加、変更または削除) が最下層の 3 つのチャンクコピーに同期されます。 このモデルにより、お使いのデータの信頼性と整合性が確保されます。

さらに、お使いのアカウントでのウィルス、ヒューマンエラー、悪意のある行為といった類のエラーに対して、データを保護し、可用性を保証するために、適切なバックアップ戦略、「スナップショット」、その他の予防処置を実装することを推奨します。 1 つの技術ではすべての問題を解決できません。そのため、適切なデータ保護対策を選択し、お使いの価値ある業務データに対する強固な防御ラインを確立する必要があります。