edit-icon download-icon

OssClient

最終更新日: May 23, 2017

OSSClient は、OSS サービスの C# クライアントです。OSS サービスの操作のために呼び出される一連の関数を提供します。

OSSClient の作成

以下のコードに示すように、OSSClient は非常に簡単に作成できます。

  1. const string accessId = "<your access id>";
  2. const string accessKey = "<your access key>";
  3. // Using Hangzhou OSS Endpoint as an example
  4. const string endpoint = "http://oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com";
  5. // Initialize OSSClient instance
  6. var ossClient = new OssClient(endpoint, accessId, accessKey);

ユーザーが AccessKey をインポートし、バケットのエンドポイントにアクセスすることが重要です。

OSSClient の設定

OSSClient の詳細なパラメーターを設定するには、OSSClient の作成時に ClientConfiguration オブジェクトをインポートできます。ClientConfiguration は、OSS サービス設定用の型です。これを使用すると、クライアントのプロキシ、最大接続数、およびその他のパラメーターを設定できます。

ネットワークパラメーターの設定

ClientConfiguration を使用して一部のネットワークパラメーターを設定できます。

  1. conf.ConnectionLimit = 512; // Maximum number of concurrent HttpWebRequest connections
  2. conf. MaxErrorRetry = 3; //Maximum number of retries upon a Set request error
  3. conf. ConnectionTimeout = 300; //Connection timeout time
  4. conf. SetCustomEpochTicks(customEpochTicks); //Set custom reference time

プロキシの使用

以下のコードでは、クライアントはプロキシを使用して OSS サービスにアクセスできます。

  1. // Creates a ClientConfiguration instance
  2. ClientConfiguration conf = new ClientConfiguration();
  3. // Configures the proxy for the local port 8080
  4. conf.ProxyHost = "127.0.0.1";
  5. conf.ProxyPort = 8080;
  6. // Creates the OSSClient
  7. client = new OssClient(endpoint, accessKeySecret, accessKeySecret, conf);