edit-icon download-icon

Anti-leech

最終更新日: Sep 20, 2016

OSS では、使用状況に基づいてサービス料金が徴収されます。OSS のユーザーデータを盗難から守るために、OSS では、HTTP の referrer ヘッダーフィールドに基づいた Anti-leech 策を提供しています。

リファラーホワイトリストの設定

次のコードを使用してリファラーホワイトリストを設定できます。

  1. OSSClient client = new OSSClient(endpoint, accessId, accessKey);
  2. List<String> refererList = new ArrayList<String>();
  3. // Adds referer
  4. refererList.add("http://www.aliyun.com");
  5. refererList.add("http://www.*.com");
  6. refererList.add("http://www.?.aliyuncs.com");
  7. // Allows the referer field to be blank and sets the Bucket Referer List
  8. BucketReferer br = new BucketReferer(true, refererList);
  9. client.setBucketReferer(bucketName, br);

リファラーフィールドでは、ワイルドカード “*“ および “?” がサポートされています。詳細なルール設定については、プロダクトドキュメントの「OSS Anti-leech 保護」を参照してください。

リファラーホワイトリストの取得

  1. // Retrieves the Bucket Referer List
  2. br = client.getBucketReferer(bucketName);
  3. refererList = br.getRefererList();
  4. for (String referer : refererList) {
  5. System.out.println(referer);
  6. }
  1. Sample output results:
  2. http://www.aliyun.com
  3. http://www.*.com"
  4. http://www.?.aliyuncs.com

リファラーホワイトリストのクリア

リファラーホワイトリストは直接クリアできません。前のルールを上書きする場合のみリセットできます。

  1. OSSClient client = new OSSClient(endpoint, accessId, accessKey);
  2. // Allows the referer field and the referer white list name to be blank by default
  3. BucketReferer br = new BucketReferer();
  4. client.setBucketReferer(bucketName, br);