Elastic IP アドレス( EIP )は、 個別に購入できるパブリック IP アドレスリソースです。 VPCネットワーク の ECS、SLB インスタンスや、NATゲートウェイに EIP をバインドできます。

EIPは NAT IP アドレスの一種です Alibaba Cloud のパブリックネットワークゲートウェイ内に存在し、NAT により、バインドされた ECS インスタンスのプライベートネットワークゲートウェイにマッピングされます。 これにより、EIP にバインドされている ECS インスタンスは、ネットワークゲートウェイで IP アドレスを外部に公開しなくても、インターネットと通信できます。

EIP と ECS パブリック IP の違い

Elastic IP アドレスと ECS パブリック IP アドレスの違いを次の表に示します。

比較項目 EIP ECS パブリック IP アドレス
サポートするネットワーク環境 VPC VPC と クラシックネットワーク
単独で所有 不可
ECS との動的なバインドおよびバインド解除 不可
ECS インスタンスのネットワークアダプターでの表示 不可

クラシックネットワーク:可

VPC: 不可

Elastic IP アドレスの機能

  • 個別に購入して所有

    EIP は他のコンピューティングリソースやストレージリソースとセットで購入するのではなく、個別に購入することができます。

  • コンピューティングリソースとのバインド

    EIP は、必要に応じてすべての VPC の ECS インスタンスとバインドできます。 これにより、インスタンスのインターネットへのアクセスを可能にしたり、インターネットと通信する必要がなくなったら、リリースしたりすることができます。

  • 設定可能なネットワーク機能

    必要に応じて EIP の帯域幅を調整できます。 帯域幅の変更はすぐに有効になります。