edit-icon download-icon

Elastic IP アドレスの概要

最終更新日: Apr 03, 2018

Elastic IP アドレス( EIP )は、NAT IP アドレスです。Alibaba Cloud のパブリックネットワークゲートウェイ内に存在し、NAT により、バインドされた ECS インスタンスのプライベートネットワークゲートウェイにマッピングされます。これにより、EIP にバインドされている ECS インスタンスは、ネットワークゲートウェイで IP アドレスを外部に公開しなくても、インターネットと通信できます。

Elastic IP アドレスは、個別に購入できるパブリック IP アドレスリソースです。あらゆる VPC のどの ECS インスタンスにも EIP をバインドできます。EIP を使用すると、ECS インスタンスはインターネットと通信できます。

注意: 現在、EIP をバインドできるのは、ECS インスタンスのみです。

Elastic IP アドレスの機能

  • 個別に購入して所有

    • EIP は他のコンピューティングリソースやストレージリソースとセットで購入するのではなく、個別に購入することができます。
  • コンピューティングリソースとのバインド

    • EIP は、必要に応じてすべての VPC の ECS インスタンスとバインドできます。これにより、インスタンスのインターネットへのアクセスを可能にしたり、インターネットと通信する必要がなくなったら、リリースしたりすることができます。
  • 設定可能なネットワーク機能

    • 必要に応じて EIP の帯域幅を調整できます。帯域幅の変更はすぐに有効になります。

EIP と ECS パブリック IP の違い

Elastic IP アドレスと ECS パブリック IP アドレスの違いを次の表に示します。

比較項目 EIP ECS パブリック IP アドレス
サポートするネットワーク環境 VPC VPC と クラシックネットワーク
単独で所有 不可
ECS との動的なバインドおよびバインド解除 不可
ECS インスタンスのネットワークアダプターでの表示 不可 クラシックネットワーク:可
VPC: 不可