ここでは、ECS コンソールのスナップショットからクラウドディスクを作成する方法について説明します。 既存のシステムディスクまたはデータディスクのスナップショットを取り、スナップショットからクラウドディスクを作成します。 新しいディスクは、同じリージョンの同じゾーン内の任意のインスタンスにアタッチされます。

シナリオ

スナップショットからデータにアクセスする必要があるが、クラウドディスクをロールバックしない場合は、スナップショットからクラウドディスクを作成して必要なデータにアクセスします。 たとえば、インスタンスでシステムディスク障害が発生した場合は、既存のスナップショットを使用してクラウドディスクを作成し、ディスクを正常なインスタンスにアタッチします。 これにより、影響のあったインスタンスのデータを復元できます。

ディスクパフォーマンス

クラウドディスクをスナップショットから作成する場合、ディスクに書き込まれる前に OSS からデータにアクセスする必要があるため、初期のディスクパフォーマンスが低下します。 実運用前に、少なくとも 1 回はすべてのデータブロックを読み書きすることを推奨します。 OSS の詳細については、「OSS の概要」をご参照ください 。

留意事項

  • 従量課金 クラウドディスクだけがこのような方法で作成することができ、データディスクとしてのみ使用できます。
    ECS インスタンスの作成時にデータディスクとしてクラウドディスクを設定します。 ディスクには、インスタンスと同じ課金方法があります。
  • 新しい空のクラウドディスクを作成します。 詳細は、「クラウドディスクの作成」をご参照ください 。
  • すべてのリージョンの各アカウントのデータディスクとして使用される従量課金クラウドディスクのクォータは、従量課金インスタンスのクォータの 5 倍となります。 詳細は、「制限」をご参照ください 。
  • 現在、複数のクラウドディスクを結合することはできません。 クラウドディスクは作成後、互いに独立しており、フォーマットしてスペースを結合することはできません。クラウドディスクを作成する前に、必要な容量とサイズを確認することを推奨します。
  • 単一のクラウドディスクのスナップショットを作成できるため、 LVM (Logical Volume Manager) ボリュームを作成することは推奨しません。 スナップショットを使用してクラウドディスクをロールバックする場合にデータが失われる可能性があります。
  • 従量課金クラウドディスクを作成した後、課金方法をサブスクリプションに変更できます。
  • この方法でクラウドディスクが作成され、その課金方法を変更しなければ、いつでもクラウドディスクのデタッチクラウドディスクのリリースができます。

前提条件

  • インスタンスのスナップショットが作成されている必要があります。リージョンとゾーンを確認します。 具体的な操作については、「スナップショットの作成」をご参照ください 。
  • クラウドディスクのアタッチ インスタンスとクラウドディスクは同じリージョンと同じゾーン内にある必要があります。

手順

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ブロックストレージ] > [ディスク] を順に選択します。
  3. ディスクリストページの右上隅で、[ディスクの作成] をクリックします。
  4. リージョンとゾーンを選択します。
    ECS インスタンスにクラウドディスクをアタッチする場合は、同じリージョンの同じゾーン内でなければなりません。
  5. クラウドディスクを設定します。
    1. クラウドディスクのカテゴリを選択します。 スナップショットのソースディスクのカテゴリの設定は変更しません。
    2. [スナップショットから作成] をクリックしてスナップショットを選択します。
    3. クラウドディスクのサイズを指定します。 サイズの範囲は 20 〜 32768 GiB です。 選択したスナップショットが 20 GiB より小さい場合は、サイズを手動で調整します。 20 GiB を超えるスナップショットの場合、サイズはスナップショットサイズに応じて自動的に調整されます。 ただし、スナップショットを置き換える場合は、手動でサイズを設定する必要があります。
    4. 購入プランには、数量を設定します。
  6. 料金を確認します。
  7. [プレビュー] をクリックして注文を確認し、[作成] をクリックします。

支払いが完了したら、ディスクページに戻って更新します。 新しいディスクが表示され、そのステータスは "Available" になります。

追加操作

クラウドディスクのアタッチ.

関連 API

クラウドディスクの作成CreateDisk