osscmd のインストールと設定

Linux または Windows で SDK のインストーラをダウンロードした後、 osscmd 使用を開始するためにダウンロードしたパケットを解凍します。

直接使用のための指示書を取得するための python osscmd を実行することができます。すべてのコマンドは、実行のための 2 つのモードがあります。例えば、ユーザーが作成したバケットを照会してください。 (「サービスを受ける」の短縮形) GS コマンドが実行されます。

  • 方法1:ID またはKeyを指定しない場合、 osscmd はファイルからデフォルトのID とKeyを使用します。
    1. $ python osscmd gscant get accessid/accesskey, setup use : config id=accessid key=accesskey
    注意
    そのようなプロンプトの場合には、IDまたは Key が適切に構成されていないことを示しています。ステップ 2 でのコンフィギュレーションコマンドを参照してください。
    ID とKey が適切に設定し、有効になッたら、コマンドを実行します。
    1. $ python osscmd gs2013-07-19 08:11 test-oss-sampleBucket Number is: 1
  • 方法 2:コマンド内の ID と Key を指定し、 osscmd は、コマンドラインから ID と Key を読み取ります。 ID と Key が有効である場合は、コマンドを実行すると、以下の結果が示されています。
    1. $ python osscmd gs id=your_id key=your_key host=your_endpoint2013-07-19 08:11 test-oss-sampleBucket Number is: 1

    デフォルトのファイルにユーザーの ID と Key を設定するには、次のコマンドを実行します。デフォルトの OSS のホストが oss.aliyuncs.com です。

    1. $python osscmd config id=your_id key=your_key host=your_endpoint

    「設定は保存されている」または類似プロンプトが表示された場合、それは ID と Key が正常に保存されていることを示しています。

基本的な操作

  • リスト作成バケット
    1. $python osscmd getallbucket

    OSS ユーザが任意のバケットを作成しなかった場合、出力は空です。

  • バケットを作成します。

    mybucketname という名前のバケットを作成します。

    1. $python osscmd createbucket mybucketname

    OSS でのバケットの名前がグローバルに一意であり、誰かがこのバケットを作成している可能性があるため、「mybucketname」という名前のバケットを作成すると、失敗することがあります。このケースでは、名前を変更する必要があります。たとえば、バケット名に特定の日付を追加することができます。

  • バケットが正常に作成されているかどうか確認してください
    1. $python osscmd getallbucket

    それが失敗した場合、エラーメッセージが返さチェック。

  • View オブジェクト

    バケットが正常に作成された後、バケット内のオブジェクトを確認してください。

    1. $python osscmd list oss://mybucketname/

    いいえオブジェクトはバケットに含まれていないため、出力は空です。

  • オブジェクトをアップロード

    バケットにオブジェクトをアップロードします。ローカルファイルが local_existed_file 命名されている場合は、次のように、その MD5 値が示されています。

    1. $ md5sum local_existed_file 7625e1adc3a4b129763d580ca0a78e44 local_existed_file$パイソンはlocal_existed_file OSSを入れosscmd// mybucketname / test_object
    注意
    The md5sumコマンドは、 Linux ではなく Windows 上で使用されています。
  • View オブジェクトを再び

    それが正常に作成されている場合は、バケットにオブジェクトを再度確認してください。

    1. $python osscmd list oss://mybucketname/
  • オブジェクトをダウンロード

    ローカルにバケットからオブジェクトをダウンロードし、ダウンロードしたファイルのMD5値を比較します。

    1. $ python osscmd get oss://mybucketname/test_object download_file$ md5sum download_file7625e1adc3a4b129763d580ca0a78e44 DOWNLOAD_FILE
    注意
    md5sumコマンドは、LinuxではなくWindows上で使用されています。
  • オブジェクトの削除

    $ python osscmd delete oss://mybucketname/test_object

  • バケットを削除します
    注意
    バケットがオブジェクトが含まれている場合は、バケットを削除することはできません。
    1. $ python osscmd deletebucket mybucketname

ライフサイクルを使用してください

  • ライフサイクルのための XML テキストファイルを設定
    1. <ルール> 1125 </ ID><プレフィックス> log_backup / </プレフィックス><ステータス>有効</ステータス><有効期限><日> 2 </日></有効期限></ルール></ LifecycleConfiguration>

    これは、現在の時刻に、バケット内log_backup /の接頭辞を持つ古い2日以上のオブジェクトを削除示しています。詳細なルール設定については、 API リファレンスを

  • ライフサイクルを書きます
    1. python osscmd putlifecycle oss://mybucket lifecycle.xml0.150(秒)が経過
  • ライフサイクルを読みます
    1. python osscmd getlifecycle oss://mybucket<?XMLバージョン= “1.0” エンコード= “UTF-8”?><ルール> 1125 </ ID><プレフィックス> log_backup / </プレフィックス><ステータス>有効</ステータス><有効期限><日> 2 </日></有効期限></ルール></ LifecycleConfiguration>0.027(秒)が経過
  • ライフサイクルを削除します
    1. python osscmd deletelifecycle oss://mybucket0.139(秒)が経過
  • ライフサイクルを読みます
    1. python osscmd getlifecycle oss://mybucketエラーヘッダー:【( 'コンテンツの長さ'、 '288')、( 'サーバ'、 'AliyunOSS')、( '接続'、 'クローズ')、( 'X-oss- リクエスト -id'、 '54C74FEE5D7F6B24E5042630')、( '日付'、 '火、2015年1月27日午前8時44分30秒GMT')、( 'のContent 型 '、 'アプリケーション/ XML')]エラー本文:<?XMLバージョン= “1.0” エンコード= “UTF-8”?><エラー> mybucket </ BucketName> NoSuchLifecycle </ CODE>ライフサイクル表で見つかった<メッセージ>はありません行。</メッセージ> 54C74FEE5D7F6B24E5042630 </ RequestId> mybucket.oss-maque-hz-a.alibaba.net </ HOSTID></ Error>エラーステータス:404getlifecycleが失敗しました!

アンチリーチ設定

  • 空白のリファラのアクセスを許可します
    1. $osscmd putreferer oss://test —allow_empty_referer=true0.004(秒)が経過
  • 構成されたリファラを取得
    1. $osscmd getreferer oss://test<?XMLバージョン= “1.0” エンコード= “UTF-8”?>真</ AllowEmptyReferer></ RefererConfiguration>
  • 空白のリファラを許可しないでください。テストリファラ要求をのみを許可します
    1. $osscmd putreferer oss://test —allow_empty_referer=false —referer='www.test.com'0.092(秒)が経過
  • 構成されたリファラを取得
    1. $osscmd getreferer oss://test<?XMLバージョン= “1.0” エンコード= “UTF-8”?>偽</ AllowEmptyReferer><リファラー> www.test.com </リファラー></ RefererList></ RefererConfiguration>
  • 空白のリファラを許可しないでください。テストと test1 のリファラの要求をのみを許可します
    1. $osscmd putreferer oss://test —allow_empty_referer=false —referer='www.test.com,www.test1.com'
  • 構成されたリファラを取得
    1. $osscmd getreferer oss://test<?XMLバージョン= “1.0” エンコード= “UTF-8”?>偽</ AllowEmptyReferer><リファラー> www.test.com </リファラー><リファラー> www.test1.com </リファラー></ RefererList></ RefererConfiguration>

ログを使用します

  • セットのログ
    1. $osscmd putlogging oss://mybucket oss://myloggingbucket/mb
  • ログを取得
    1. $osscmd getlogging oss://mybucket