edit-icon download-icon

FAQs

最終更新日: Oct 04, 2017

OSS MEDIA C SDKとOSS C SDKの関係は何ですか?

OSS MEDIA C SDKでは、OSS C SDKおよびOSS MEDIA C SDKに依存するアップロードおよびダウンロード機能は、OSS C SDKインターフェースを呼び出すことによって実装されます。

OSS MEDIA C SDKはWindowsをサポートしていますか?

いいえ。

オブジェクトの追加書き込みがサポートされていますか?

はい。 oss_media_file_openを呼び出すときに「a」モードを使用すると、oss_media_file_writeインタフェースを複数回コールしてappend writeを実装できます。

ARNの役割は何ですか?どのようにしてARNの役割を得ることができますか?

ロールARNはロールのIDを表します。 Alibaba Cloud RAMによって提供されます。 ARNを表示するには、 [RAMコンソール]>[ロールの管理]> 作成されたロールの名前 > [基本情報]> ARNを確認します。値は、acs:ram :: xxxx:role / yyyyyに似た形式です。ロールが作成されていない場合は、ロールの管理ページで新しいユーザーロールを作成し、AliyunSTSAssumeRoleAccessとそれに対応するその他のロールで権限を付与する必要があります。詳細な紹介については、 RAM ドキュメントを参照してください。

サンプルを実行するには?

sample / config.cオブジェクトを変更し、独自のアクセスキーID、アクセスキーシークレット、バケット値を追加します。コンパイル後、サンプル実行ファイルがbinディレクトリに表示されます。

エラーが報告されました:エラー:タイムアウトに達しました

ホストの値がoss-cn-hangzhou.aliyuncs.comに類似しているかどうかを確認します。これはC SDKの既知の問題であり、後のバージョンで修復されます。

サンプル実行中にエラーが報告されました:エラー:ホスト名を解決できませんでした。[code = -990、message = HttpIoError]

sample / config.cオブジェクトを変更し、独自のパラメータ値を設定してから、SDKを再度コンパイルします。テストのために同じプロセスを実行します。

アクセスキーID、アクセスキーシークレット、およびクライアントとサーバー上のトークン構成の違いと注意点は何ですか?

サーバー上では、アクセスキーIDとアクセスキーシークレットを設定するだけです。 2つの値には2つのソースがあります。最初に、マスターアカウントのアクセスキー、第2にマスターアカウントによって生成されたサブアカウントのアクセスキー。

クライアントには2つの構成方法があります。最初の方法はサーバー上の方法と同じです。マスタアカウントまたはサブアカウントのアクセスキーIDとアクセスキーシークレットのみが設定されています。第2の方法は、アクセスキーID、アクセスキーシークレット、トークンの3つの値を設定することです。しかし、3つの値はすべて一時的なアクセスキーであり、oss_media_get_tokenまたはoss_media_get_token_from_policyを介してサーバーによって取得されたトークンであり、有効期間があります。有効期間が経過すると、値は使用できなくなります。

トークンを取得するために、サンプル実行中に次のエラーが表示されます。http_code = 500、error_code = GetSTSTokenError、error_message =内部エラー

その理由は、インストールされたlibcurlがHTTPSプロトコルをサポートしていないため、STSサービスは利用できません。特定のプロセスは、openssl-develなどのSSL開発パッケージがインストールされておらず、libcurlコンパイル中にSSLが見つからないということです。その結果、libcurlは自動的にHTTPSプロトコルを無効にします。したがって、コンパイルされたlibcurlライブラリはHTTPSをサポートしないため、STSアクセスに失敗します。

解決策は、まずopenssl-develなどのSSL開発パッケージをインストールし、libcurlを再インストールすることです。 libcurlをインストールする際には、./configureの実行の最後の行にプロトコルにHTTPSが含まれているかどうかを確認してください。 HTTPSが含まれている場合は、インストールが正しいことを示します。