edit-icon download-icon

Anti-leech

最終更新日: Aug 29, 2017

OSS は Pay-As-You-Go サービスです。 OSS上のユーザーデータがリーチされるのを防ぐため、OSS は HTTP ヘッダーのリファラーフィールドに基づいて anti-leech をサポートしています。 OSS anti-leech 機能の詳細についてはOSS Anti-Leechを参照してください。

リファラーホワイトリストを設定する

次のコードではBucket#referer =を使用してリファラーのホワイトリストを設定します。

  1. require 'aliyun/oss'
  2. client = Aliyun::OSS::Client.new(
  3. endpoint: 'endpoint',
  4. access_key_id: 'AccessKeyId', access_key_secret: 'AccessKeySecret')
  5. bucket = client.get_bucket('my-bucket')
  6. bucket.referer = BucketReferer.new(
  7. allow_empty: true, whitelist: ['my-domain.com', '*.example.com'])

リファラーホワイトリストを表示する

次のコードではBucket#referer =を使用してリファラーのホワイトリストを表示します。

  1. require 'aliyun/oss'
  2. client = Aliyun::OSS::Client.new(
  3. endpoint: 'endpoint',
  4. access_key_id: 'AccessKeyId', access_key_secret: 'AccessKeySecret')
  5. bucket = client.get_bucket('my-bucket')
  6. ref = bucket.referer
  7. puts ref.to_s

リファラーホワイトリストを削除する

次のコードではBucket#referer =を使用してリファラーのホワイトリストを削除します。

  1. require 'aliyun/oss'
  2. client = Aliyun::OSS::Client.new(
  3. endpoint: 'endpoint',
  4. access_key_id: 'AccessKeyId', access_key_secret: 'AccessKeySecret')
  5. bucket = client.get_bucket('my-bucket')
  6. bucket.referer = BucketReferer.new(allow_empty: true, whitelist: [])