edit-icon download-icon

ロギング設定

最終更新日: Aug 29, 2017

OSSでは、バケットのアクセスロギングを設定できます。 設定後、バケットへのアクセスが記録されます。 ログは次のフォーマットで指定したOSSのバケットに格納されます。

  1. <TargetPrefix> <SourceBucket> -YYYY-mm-DD-HH-MM-SS-UniqueString

TargetPrefixを指定する必要があります。 ロギングルールは、次の3つの項目から構成されます。

  • enable:アクセスログを有効にするかどうか
  • target_bucket:ログが保存先バケット
  • target_prefix:ログオブジェクトのプレフィックス

アクセスログの詳細については サーバーアクセスログを参照してください。

バケットロギングを有効にする

次のコードは Bucket#logging =を使用してロギングを有効にします。

  1. require 'aliyun/oss'
  2. client = Aliyun::OSS::Client.new(
  3. endpoint: 'endpoint',
  4. access_key_id: 'AccessKeyId', access_key_secret: 'AccessKeySecret')
  5. bucket = client.get_bucket('my-bucket')
  6. bucket.logging = BucketLogging.new(
  7. enable: true, target_bucket: 'logging_bucket', target_prefix: 'my-log')

バケットロギングの設定内容を表示する

次のコードは Bucket#logging =を使用してロギングの設定を表示します。

  1. require 'aliyun/oss'
  2. client = Aliyun::OSS::Client.new(
  3. endpoint: 'endpoint',
  4. access_key_id: 'AccessKeyId', access_key_secret: 'AccessKeySecret')
  5. bucket = client.get_bucket('my-bucket')
  6. log = bucket.logging
  7. puts log.to_s

バケットロギングを無効にする

次のコードは Bucket#logging =を使用してロギングを無効にします。

  1. require 'aliyun/oss'
  2. client = Aliyun::OSS::Client.new(
  3. endpoint: 'endpoint',
  4. access_key_id: 'AccessKeyId', access_key_secret: 'AccessKeySecret')
  5. bucket = client.get_bucket('my-bucket')
  6. bucket.logging = BucketLogging.new(enable: false)