edit-icon download-icon

ロギングの設定

最終更新日: Jul 20, 2017

OSS では、今後の分析で使用するために、特定のバケットにバケットアクセスログを格納するように、バケットアクセスログ機能を設定できます。ログは、指定したバケットにオブジェクトとして格納されます。オブジェクト名の形式は次のとおりです。

  1. <TargetPrefix><SourceBucket>-YYYY-mm-DD-HH-MM-SS-UniqueString

TargetPrefix は、設定時にユーザーが指定する必要があります。

アクセスログの詳細については、「バケットアクセスログ」を参照してください。

バケットログの有効化

バケットログを有効にするには、putBucketLogging を使用します。

  1. var co = require('co');
  2. var OSS = require('ali-oss')
  3. var client = new OSS({
  4. region: '<Your region>'
  5. accessKeyId: '<Your AccessKeyId>',
  6. accessKeySecret: '<Your AccessKeySecret>',
  7. bucket: '<Your bucket name>'
  8. });
  9. co(function* () {
  10. var result = yield client.putBucketLogging('bucket-name', 'region', 'logs/');
  11. console.log(result);
  12. }).catch(function (err) {
  13. console.log(err);
  14. });

バケットログの設定の表示

バケットログの設定を表示するには、getBucketLogging を使用します。

  1. var co = require('co');
  2. var OSS = require('ali-oss')
  3. var client = new OSS({
  4. region: '<Your region>'
  5. accessKeyId: '<Your AccessKeyId>',
  6. accessKeySecret: '<Your AccessKeySecret>',
  7. bucket: '<Your bucket name>'
  8. });
  9. co(function* () {
  10. var result = yield client.getBucketLogging('bucket-name', 'region');
  11. console.log(result);
  12. }).catch(function (err) {
  13. console.log(err);
  14. });

バケットログの無効化

バケットログを無効にするには、deleteBucketLogging を使用します。

  1. var co = require('co');
  2. var OSS = require('ali-oss')
  3. var client = new OSS({
  4. region: '<Your region>'
  5. accessKeyId: '<Your AccessKeyId>',
  6. accessKeySecret: '<Your AccessKeySecret>',
  7. bucket: '<Your bucket name>'
  8. });
  9. co(function* () {
  10. var result = yield client.deleteBucketLogging('bucket-name', 'region');
  11. console.log(result);
  12. }).catch(function (err) {
  13. console.log(err);
  14. });