edit-icon download-icon

承認されたアクセス

最終更新日: Oct 26, 2017

SDKは、有効期間のあるURLまたはパブリックリソースURLの署名をサポートしているため、許可されたアクセスのためにURLを第三者に転送することができます。

有効期間のあるプライベートリソースURLに署名する

パブリック読み取りアクセス権が割り当てられていないバケットまたはオブジェクトの場合、バケットまたはオブジェクトにアクセスするための署名付きURLを取得するために、次のインターフェイスを呼び出すことができます。

  1. String url = oss.presignConstrainedObjectURL("<bucketName>", "<objectKey>", 30 * 60);

公開リソースURLに署名する

パブリック読み込み権限を持つバケットまたはオブジェクトの場合、バケットまたはオブジェクトにアクセスするためのパブリックURLを取得するために、次のインターフェイスを呼び出すことができます。

  1. String url = oss.presignPublicObjectURL("<bucketName>", "<objectKey>");