このトピックでは、OSS Java SDK のオプジェクトアップロードの概要を説明します。

OSS では、オブジェクトはデータ操作の基本単位です。 OSS Java SDK は次のファイルアップロード方法を提供します。

  • 簡易アップロード: 最大 5 GB までのファイルのアップロードをサポートします。 ストリーミングアップロードとファイルアップロードが含まれます。
  • フォームアップロード:最大 5 GBまでのファイルのアップロードをサポートします。
  • 追加アップロード: 最大 5 GB までのファイルのアップロードをサポートします。
  • 再開可能アップロード: 48.8 TB までのファイルのアップロードをサポートします。 大容量ファイルのアップロードに適用されます。 同時アップロードをサポートしており、各パーツのサイズを定義できます。
  • マルチパートアップロード: 最大 48.8 TB のファイルのアップロードをサポートします。 大容量ファイルのアップロードに適用されます。
各アップロード方法の使用シナリオの詳細については、「OSS 開発者ガイド」の「ファイルのアップロード」をご参照ください。

ファイルのアップロード中、 オブジェクトメタを設定することで、アップロードの進行状況をアップロード進行状況バーに表示します。 ファイルのアップロードが完了したら、 アップロードコールバックを実行できます。