GetBucketLogging は、バケットのアクセスログの設定を表示するために使用されます。

リクエスト構文

  1. GET /? logging HTTP/1.1Host: BucketName.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.comDate: GMT DateAuthorization: SignatureValue

レスポンス

名前説明
BucketLoggingStatus Containerアクセスログのステータス情報を格納するための Container

子要素:LoggingEnabled

親要素:なし

LoggingEnabled Containerアクセスログ情報を格納するための容器。この要素は、サーバーのアクセスログが有効になっている場合にのみ必要です。

子要素:TargetBucket、TargetPrefix

親要素:BucketLoggingStatus

TargetBucket Characterアクセスログを格納するためのバケット。

子要素:なし

親要素:BucketLoggingStatus.LoggingEnabled

TargetPrefix Character保存されたアクセス・ログ・ファイルの名前の接頭辞。

子要素:なし

親要素:BucketLoggingStatus.LoggingEnabled

詳細分析

  • バケットが存在しない場合は、エラー「404 コンテンツなし」が返されます。エラーコード:NoSuchBucket。
  • バケットの所有者のみがバケットのアクセスログ設定を表示することができます。他のユーザーが設定にアクセスしようとすると、エラーコードと禁断のエラー 403:アクセス拒否が返されます。
  • ロギングなしのルールがソースバケット用に設定されていない場合、OSS は、まだ要素 BucketLoggingStatusが null であることで XML メッセージの本文を返します。

リクエスト例:

  1. Get /? logging HTTP/1.1Host: oss-example.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.comDate: Fri, 04 May 2012 05:31:04 GMTAuthorization: OSS qn6qrrqxo2oawuk53otfjbyc:ceOEyZavKY4QcjoUWYSpYbJ3naA=

戻り値の例 (ログルールが既に設定されている場合):

  1. HTTP/1.1 200x-oss-request-id: 534B371674E88A4D8906008BDate: Fri, 04 May 2012 05:31:04 GMTConnection: keep-aliveContent-Length: 210Server: AliyunOSS<? xml version=”1.0 encoding=”UTF-8”? ><BucketLoggingStatus xmlns=”http://doc.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com> <LoggingEnabled> <TargetBucket>mybucketlogs</TargetBucket> <TargetPrefix>mybucket-access_log/</TargetPrefix> </LoggingEnabled></BucketLoggingStatus>

戻り値の例 (ログルールが設定されていない場合):

  1. HTTP/1.1 200x-oss-request-id: 534B371674E88A4D8906008BDate: Fri, 04 May 2012 05:31:04 GMTConnection: keep-aliveContent-Length: 110Server: AliyunOSS<? xml version=”1.0 encoding=”UTF-8”? ><BucketLoggingStatus xmlns=”http://doc.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com”></BucketLoggingStatus>