『OSS 開発者ガイド』では、「モバイル端末の開発とアップロードのシナリオ」を紹介しています。 例として、ここではこのシナリオを取り上げ、Android 上で SDK を使用して各種一般的な操作を実行する方法、つまり OSSDemo を以下のドキュメントで紹介します。 構成は下記のとおりです。

  • 設定したアプリケーションサーバー (STS) の使い方
  • SDK を使用してファイルをアップロードする方法
  • イメージサービスの使い方

ここでは、OSS モバイル開発シナリオと STS (Security Token Service) について一定の知識があることを前提としています。

準備

開発は Android に基づいているため、ユーザーは以下の準備をする必要があります。

  1. OSS をアクティブにします。 詳しくは、「クイックスタート」をご参照ください。
  2. アプリケーションサーバーを設定します。 詳しくは、「モバイルアプリ用 直接データ転送の設定」をご参照ください。
  3. Android 開発環境を準備します。このシナリオでは Android Studio が使用されています。 ここでは、Android Studio を使用する際の手順や手順については説明しません。 Andriod Studio の使用方法はインターネットから簡単に入手できるためです。
  4. OssDemo のソースコード」をダウンロードします。インストール後に自分で実際に試してみることができます。 上記、一般的な操作を実装する方法の詳細については、「ソースコード分析」をご参照ください。
  5. 参照用に OSS が提供する「OSS Android SDK Documentation」を開きます。