edit-icon download-icon

ファイルのアップロード

最終更新日: May 17, 2018

バケットを作成したら、次のいずれかの方法でオブジェクト(ファイル)をバケットにアップロードできます。

  • OSS コンソールを使用して 5 GB 未満のオブジェクトをアップロードすることができます。

  • SDK または API を使用して 5 GB を超えるオブジェクトをアップロードすることができます。詳細は、再開可能なアップロードを参照してください。

このトピックでは、OSS コンソールを使用してオブジェクトをアップロードする方法について説明します。

注:アップロードするオブジェクトの名前がバケット内の既存の名前と重複する場合は、既存の名前を上書きします。

手順

  1. OSS コンソールにログオンする。

  2. オブジェクトをアップロードするバケットの名前をクリックし、ファイルタブをクリックします。

  3. アップロード をクリックします。

  4. ディレクトリアドレスボックスに、アップロードするオブジェクトのディレクトリを設定します。

    • カレントディレクトリ:このオプションを選択すると、オブジェクトは現在のディレクトリにアップロードされます。

    • ディレクトリを指定する:このオプションを選択する場合は、 photos\ などのディレクトリを入力します。その後、OSSは自動的に photos\ という名前のフォルダを作成し、そのフォルダにオブジェクトをアップロードします。

    注:手動でフォルダを作成することもできます。詳細については、フォルダーの作成を参照してください。

  5. ファイル ACL 領域で、アップロードするオブジェクトの読み取り / 書き込み権限を選択します。

    • バケット から継承:デフォルトでは、オブジェクトの読み書き権限は、オブジェクトがアップロードされたバケットから継承されます。
    • 非公開:バケットの所有者と許可されたユーザーだけが、オブジェクトの読み取り、書き込み、および削除操作を実行できます。他のユーザーはオブジェクトにアクセスできません。
    • 公開読み取り :バケットの所有者と許可されたユーザーだけが、オブジェクトに対して書き込み操作と削除操作を実行できます。誰でも(匿名アクセスを含む)オブジェクトを読み取ることができます。
    • 公開読み取り / 書き込み:誰でも(匿名アクセスを含む)、オブジェクトの読み取り、書き込み、および削除ができます。そのような操作によって発生した手数料は、バケツの所有者が負担します。この許可は慎重に使用してください。
  6. アップロードするオブジェクトを アップロード エリアにドラッグするか、 アップロードエリア を直接クリックして**アップロードするオブジェクトを選択します。

オブジェクトの命名規則

オブジェクト名は命名規則に従わなければなりません:

  • オブジェクト名は UTF-8 エンコーディングを使用する必要があります。
  • オブジェクト名は、1 バイト以上 1023 バイト以下でなければなりません。
  • オブジェクト名は、バックスラッシュ(/)またはスラッシュ(\)で始めることはできません。
  • オブジェクト名は大文字と小文字を区別します。