ファイルを OSS にアップロードする前に、バケットを作成し、リージョン、ACL、その他のメタデータなど、バケットの属性を指定する必要があります。

手順

  1. OSS コンソールにログインします。
  2. 左側のバケットリストで [+] をクリック、または右上隅にある [バケットの作成] をクリックします。 次の図のように、[バケットの作成] ダイアログボックスが表示されます。

  3. [バケット名] にバケットの名前を入力します。
    • バケット名は命名規則に準拠している必要があり、既存のすべての OSS バケット間で一意である必要があります。
    • バケットの作成後にバケットの名前を変更することはできません。
    • バケットの命名規則の詳細については、「基本概念」をご参照ください。
  4. [リージョン] のドロップダウンリストから、バケットを作成する必要があるリージョンをクリックします。

    バケットの作成後にバケットの領域を変更することはできません。 この操作を行う際にはご注意ください。 ECS インスタンスからイントラネットを介してバケットにアクセスするには、バケットの作成時に ECS インスタンスが属する領域を選択します。 詳細は、「エンドポイント」をご参照ください。

  5. ニーズに応じて、[ストレージクラス] に次のストレージクラスのいずれかを選択します。
    • Standard: 信頼性と可用性が高く、頻繁なデータアクセスをサポートする、高性能のオブジェクトストレージサービスを提供します。
    • IA: 長期保存され、アクセス頻度が低いデータに適用されます。 "IA" の単価は "Standard" クラスよりも低いです。 "IA" ストレージクラスのオブジェクトは、最低 30 日間保存する必要があります。 "IA" ストレージクラスのオブジェクトを 30 日間保存する前に削除すると、料金が発生します。 "IA" ストレージクラスのオブジェクトはまた、最小請求サイズ 64 KB があります。 64 KB より小さいオブジェクトは 64 KB として課金されます。 データ取得にも料金が発生します。
    • Archive: 長い期間、アーカイブデータを保存するのに適しています。(半年以上保存され、保管期間中は頻繁にはアクセスされないデータ)。 "Archive" クラスのデータを "IA" クラスのデータに変換する必要がある場合は、データにアクセスできるようになるまでに約 1 分かかります。 アーカイブストレージクラスに適したオブジェクトの例には、アーカイブデータ、医用画像、科学データ、ビデオなどがあります。
  6. [アクセス制御リスト (ACL)] でバケットの ACL を選択します。
    • Private: バケット内のオブジェクトに対して読み書きできるのはバケット所有者だけです。 他のすべてのユーザー (匿名ユーザーを含む) は、承認なしにバケット内のオブジェクトに対して操作を実行することはできません。
    • Public Read: バケットの所有者だけがバケット内のオブジェクトに書き込むことができます。 他のすべてのユーザー (匿名ユーザーを含む) は、バケット内のオブジェクトからしか読み取ることができません。
    • Public Read/Write: すべてのユーザー (匿名ユーザーを含む) がバケット内のオブジェクトに対して読み書きできます。
      警告 この ACL が設定されている場合、読み取りおよび書き込み操作によって発生する料金はバケット所有者の責任です。 この操作を行う際にはご注意ください。
  7. [OK] をクリックします。