Alibaba Cloud OSS を有効にした後、OSS コンソールでオブジェクトを格納するためのバケットを作成します。

Procedure

  1. OSS コンソールにログインします。
  2. [バケット作成] をクリックして、[バケット作成] ダイアログボックスを開きます。

  3. [バケット名] テキストボックスにバケット名を入力します。
    • バケット名は命名規則に従う必要があります。
    • バケット名は、Alibaba Cloud OSS 内にあるすべての既存のバケットの中で 一意でなければなりません。
    • バケット名は作成後に変更することはできません。
    • バケットの命名規則についての詳細は、「基本概念 (Basic concepts)」をご参照ください。
  4. [リージョン] ドロップダウンボックスで、バケットのデータセンターを選択します。

    バケットの作成後にバケットのリージョンを変更することはできません。 ECS イントラネットを経由して OSS にアクセスするには、ECS と同じリージョンを選択します。

  5. [ストレージクラス] ドロップダウンボックスで、バケットのストレージクラスを選択します。
    Note バケットのストレージクラスは、バケットの作成後には変更できません。
    • 標準ストレージ: 高い信頼性、可用性、パフォーマンスを備えたオブジェクトストレージサービスであり、頻繁なデータアクセスをサポートします。
    • 低頻度アクセスストレージ: 保存期間が長く、アクセス頻度が低いデータに適しています。 単価は「標準ストレージ」クラスより低くなります。
    • アーカイブストレージ: 長期保存 (半年以上) が必要なアーカイブデータの保存に適しています。 保存期間中にアクセスされることは稀で、データを読み取り可能な状態に復元するのに 1 分ほどかかる場合があります。 このストレージクラスは、アーカイブデータ、医用画像、科学資料、ビデオ映像を長期間保存するのに適しています。
  6. [ ACL ]ドロップダウンボックスで、バケットのアクセス許可オプションを選択します。
    • 非公開: バケットの所有者と許可ユーザーだけが、バケット内のオブジェクトに対して読み取り、書き込み、および削除操作を実行できます。 他のユーザーはバケット内のオブジェクトにアクセスできません。
    • 公開用読み取り: バケットの所有者と許可ユーザーだけが、バケット内のオブジェクトに対して書き込み操作と削除操作を実行できます。 誰でも (匿名アクセスを含む) バケット内のオブジェクトを読み取ることができます。
    • 公開用読み取り/書き込み:誰でも(匿名アクセスを含む)、バケット内のオブジェクトの読み取り、書き込み、および削除を行うことができます。
      Notice バケット操作によって発生する料金は、バケット所有者が負担します。 そのため、 「公開用読み取り」「公開用読み取り/書き込み」アクセス許可は、慎重に使用してください。
  7. [ゾーン冗長ストレージ]ドロップダウンボックスで、「有効」または「無効」を選択します。
    • 有効: [ゾーン冗長ストレージ]が有効になっていると、ユーザーのデータは同じリージョン内の 3 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) に格納されます。
      Note [ゾーン冗長ストレージ]を一度有効にすると、無効にすることはできません。
    • 無効: [ゾーン冗長ストレージ]は、デフォルトで無効になっています。
  8. [ログ分析]ドロップダウンボックスで、「有効」または「無効」を選択します。
    • 有効: [ログ分析]が有効になっている場合、ユーザーはバケットへのアクセスログを照会および分析できます。
    • 無効: [ログ分析] はデフォルトで無効になっています。
  9. [OK] をクリックします。