OSS インジケーターでは、適用シナリオに基づき、ユーザーレベルまたはバケットレベルでモニタリングすることができます。

一般的な時系列メトリックインジケーターに加え、システムは既存のメトリックインジケーターに関する統計を分析および収集します。そのため、メトリックデータの確認や課金ポリシーの照合を簡単に行うことができます。 リクエストステータスの分布やその月のメータリング統計など、指定された期間の統計インジケーターが提供されます。 このリファレンスガイドでは、インジケーターについて詳しく説明します。

メータリングインジケーターおよび統計インジケーターを除き、すべてのインジケーターは分レベル (1 分ごと) で収集されます。 メータリングインジケーターは、時間レベル (1 時間ごと) で収集されます 。

ユーザーレベルのインジケーター

ユーザーレベルのインジケーターは、ユーザーのアカウントレベルから使用される OSS システムの全体的な状況をモニタリングするインジケーター情報を参照します。つまり、ユーザーのアカウントにおけるすべてのバケット関連モニタリングデータの概要です。 ユーザーレベルのインジケーターは、3 つのモニタリングインジケーターの詳細から構成されています。: 当月のメータリング統計、サービスモニタリングの概要、およびリクエストステータスの詳細で構成されています。

サービスモニタリングの概要

「サービスモニタリングの概要」内のインジケーターは、基本的なサービスインジケーターです。 サービスモニタリング概要のインジケーターの詳細は次のとおりです。

インジケーター 単位 説明
Availability % ストレージサービスを使用するシステムの可用性を示すインジケーター。 これは次の式によって得られます。: 1 - すべてのリクエストの中でのサーバー終了エラーリクエストの割合 (サーバー終了エラーのリターンコードは 5xx です)
Valid requests rate % すべてのリクエストにおける、有効リクエストの割合。 有効リクエストの詳細については、次の説明をご参照ください。 説明
Requests OSS サーバーで受信および処理されたリクエストの合計数
Valid requests リターンコードが 2xx または 3xx のリクエストの合計数
Internet outbound traffic バイト ダウンストリームインターネットトラフィック
Internet inbound traffic バイト アップストリームインターネットトラフィック
Intranet outbound traffic バイト サービスシステムのダウンストリームイントラネットトラフィック
Intranet inbound traffic バイト サービスシステムのアップストリームイントラネットトラフィック
CDN outbound traffic バイト CDN アクセラレーションサービスがアクティブ化されているときのダウンストリーム CDN トラフィック。つまり、発信元検索トラフィック
CDN inbound traffic バイト CDN アクセラレーションサービスがアクティブになっているときのアップストリーム CDN トラフィック
Outbound traffic of cross-region replication バイト クロスリージョンレプリケーション機能がアクティブになっているときに、データレプリケーションプロセスで生成されたダウンストリームトラフィック
Inbound traffic of cross-region replication バイト クロスリージョンレプリケーション機能がアクティブになっているときに、データレプリケーションプロセスで生成されたアップストリームトラフィック

また、上記の特定のモニタリングインジケーターに加え、一定期間にわたるリクエストステータスの分布についての統計も提供されます。 統計情報は主に、返されたステータスコード、もしくは OSS エラーコード (モニタリング期間内のリクエストの合計数と割合) に基づいています。

リクエストステータスの詳細

リクエストステータスの詳細インジケーターでは、各種リクエストに関連付けられたリターンステータスコード、または OSS エラーコードに基づき、情報のモニタリングがリクエストされます。 リクエストステータスの詳細インジケーターの詳細は次のとおりです。

インジケーター 単位 説明
Server-site error requests リターンコード 5xx で示されるシステムレベルのエラーを伴うリクエストの合計数
Server-site error requests rate % すべてのリクエストにおける、サーバー側エラーを伴ったリクエストの割合
Network error requests HTTP ステータスコードが 499 のリクエストの合計数
Network error requests rate % すべてのリクエストにおける、ネットワークエラーを伴ったリクエストの割合
Client-end authorization error requests リターンコード 403 を伴ったリクエストの合計数
Client-end authorization error requests rate % すべてのリクエストにおける、クライアント側の権限付与エラーを伴ったリクエストの割合
Client-end error requests indicating resource not リターンコード 404 を伴ったリクエストの合計数
リソースがないことを示すクライアント側エラーリクエスト率 % すべてのリクエストにおける、リソースが見つからないことを示すクライアント側エラーを伴ったリクエストの割合
Client-end time-out error requests リターンステータスコードが 408、または戻り OSS エラーコードが RequestTimeout のリクエストの合計数
Client-end time-out error requests rate % すべてのリクエストにおける、クライアント側のタイムアウトエラーを伴ったリクエストの割合
Other client-end error requests リターンコード 4xx が示されている、他のクライアント側エラーを伴ったリクエストの合計数
Other client-end error requests rate % すべてのリクエストにおける、その他のクライアント側のエラーが発生したリクエストの割合
Successful requests リターンコードが 2xx のリクエストの合計数
Successful requests rate % すべてのリクエストにおける、成功したリクエストの割合
Redirect requests リターンコードが 3xx のリクエストの合計数
Redirect requests rate % すべてのリクエストにおける、リダイレクトリクエストの割合
当月のメータリング統計

当月のメータリング統計は、その月の最初の日の 00:00 から同月のメータリングの終了時刻までの間、データが収集されます。

現在使用可能なメータリングインジケーターの詳細は次のとおりです。

インジケーター 単位 説明
Storage size バイト メータリング統計収集期限までに、指定されたユーザーのすべてのバケットにより占有されている合計ストレージサイズ
Internet outbound traffic バイト 当月の最初の日の 00:00 からメータリング統計収集期限までの、ユーザーのインターネットアウトバウンドトラフィック合計バイト
Put requests 当月の最初の日の 00:00 からメータリング統計収集期限までの、ユーザーの Put リクエスト合計数
Get requests 当月の最初の日の 00:00 からメータリング統計収集期限までの、ユーザーの Get リクエスト合計数

バケットレベルのインジケーター

バケットレベルのインジケーターは、特定のバケットの OSS 操作をモニタリングするために使用され、ビジネスシナリオに適用されます。 バケットレベルのインジケーターでは、当月のメータリング統計と、サービスモニタリングの概要やリクエストステータスの詳細 (アカウントレベルでモニターされる) などの基本的なサービスインジケータ項目に加えて、メータリングインジケーター、メータリング参照、レイテンシ、成功したリクエスト操作カテゴリなどのパフォーマンスインジケーターが含まれます。

サービスモニタリングの概要

サービスモニタリングの概要インジケーターでは、ユーザーレベルの説明と同様に、基本的なインジケーターですが、バケットレベルで表示されるメトリックデータが使用されます。

リクエストステータスの詳細

リクエストステータスの詳細インジケーターでは、ユーザーレベルの説明と同様に、バケットレベルで表示されるメトリックデータが使用されます。

当月のメータリング統計

統計方法は、ユーザーレベルでの当月のメータリング統計で列挙されているものと同様ですが、バケットレベルのインジケーターでは、バケットレベルでリソースの使用状況の統計を収集します。 バケットレベルでの当月のメータリング統計の詳細は次のとおりです。

インジケーター 単位 説明
Storage size バイト メータリング統計収集期限の前に、指定されたバケットが占有するストレージサイズ
Internet outbound traffic バイト 指定されたバケットの当月の最初の日の 00:00 からメータリング統計収集期限までの、合計インターネットアウトバウンドトラフィック
Put requests 当月の最初の日の 00:00 からメータリング統計収集期限までの、ユーザーの Put リクエスト合計数
Get requests 当月の最初の日の 00:00 からメータリング統計収集期限までの、ユーザーの Get リクエスト合計数
メータリングインジケーター

メータリングインジケーターは時系列でモニタリングされ、時間レベル (1 時間ごと) で収集、集計されます。 メータリングインジケーターの詳細は以下のとおりです。

インジケーター 単位 説明
Storage size バイト 特定のバケットが 1 時間に使用するストレージの平均サイズ
Internet outbound traffic バイト 指定されたバケットが 1 時間に使用するインターネットアウトバウンドトラフィックの合計
Put requests 指定されたバケットが 1 時間に行った Put リクエストの合計数
Get requests 指定されたバケットが 1 時間に行った Get リクエストの合計数
レイテンシ

レイテンシリクエストでは、システムパフォーマンスを直接示し、平均レイテンシと最大レイテンシの 2 つのインジケーターを使用してモニタリングします。 各 インジケーターは、分レベル (1 分ごと) で収集、集計されます。 また、各インジケーターは、OSS API リクエスト操作タイプに基づき分類されることで、各種操作に応答するシステムのパフォーマンスをより正確に示します。 現在、バケット関連操作 (メタ操作を除く) のデータ操作を含む API のみがモニターされます。

また、パフォーマンスのホットスポットの分析や、環境問題の分析を容易にするため、 E2E リンク とサーバーリンクから、レイテンシモニタリングインジケーターが収集されます。

  • E2E レイテンシとは、成功したリクエストを OSS に送信する際の E2E レイテンシを表します。レイテンシには、OSS リクエストの読み取りに必要な処理時間、応答の送信処理に必要な時間、および応答確認メッセージの受信処理に必要な時間を含みます。
  • サーバーのレイテンシは、E2E レイテンシを含むネットワーク遅延を除く、成功したリクエストを処理する OSS のレイテンシです。

パフォーマンスインジケーターは、成功したリクエストをモニターするために使用されることに注意してください (リターンステータスコード 2xx)。

次のテーブルに、具体的なメトリックインジケーター項目を示します。

インジケーター 単位 説明
Average E2E latency of GetObject requests ミリ秒 リクエスト API が GetObject である成功したリクエストの平均 E2E レイテンシ
Average server latency of GetObject requests ミリ秒 リクエスト API が GetObject である成功したリクエストの平均サーバーレイテンシ API is GetObject
Maximum E2E latency of GetObject requests ミリ秒 リクエスト API が GetObject である成功したリクエストの最大 E2E レイテンシ
Maximum server latency of GetObject requests ミリ秒 リクエスト API が GetObject である成功したリクエストの最大サーバーレイテンシ
Average E2E latency of HeadObject requests ミリ秒 リクエスト API が HeadObject である成功したリクエストの平均 E2E レイテンシ
Average server latency of HeadObject requests ミリ秒 リクエスト API が HeadObject である成功したリクエストの平均サーバーレイテンシ
Maximum E2E latency of HeadObject requests ミリ秒 リクエスト API が HeadObject である成功したリクエストの最大 E2E レイテンシ
Maximum server latency of HeadObject requests ミリ秒 リクエスト API が HeadObject である成功したリクエストの最大サーバーレイテンシ
Average E2E latency of PutObject requests ミリ秒 リクエスト API が PutObject である成功したリクエストの平均 E2E レイテンシ
Average server latency of PutObject requests ミリ秒 リクエスト API が PutObject である成功したリクエストの平均サーバーレイテンシ
Maximum E2E latency of PutObject requests ミリ秒 リクエスト API が PutObject である成功したリクエストの最大 E2E レイテンシ
Maximum server latency of PutObject requests ミリ秒 リクエスト API が PutObject である成功したリクエストの最大サーバーレイテンシ
Average E2E latency of PostObject requests ミリ秒 リクエスト API が PostObject である成功したリクエストの平均 E2E レイテンシ
Average server latency of PostObject requests ミリ秒 リクエスト API が PostObject である成功したリクエストの平均サーバーレイテンシ
Maximum E2E latency of PostObject requests ミリ秒 リクエスト API が PostObject である成功したリクエストの最大 E2E レイテンシ
Maximum server latency of PostObject requests ミリ秒 リクエスト API が PostObject である成功したリクエストの最大サーバーレイテンシ
Average E2E latency of AppendObject requests ミリ秒 リクエスト API が AppendObject である成功したリクエストの平均 E2E レイテンシ
Average server latency of AppendObject requests ミリ秒 リクエスト API が AppendObject である成功したリクエストの平均サーバーレイテンシ
Maximum E2E latency of AppendObject requests ミリ秒 リクエスト API が AppendObject である成功したリクエストの最大 E2E レイテンシ
Maximum server latency of AppendObject requests ミリ秒 リクエスト API が AppendObject である成功したリクエストの最大サーバーレイテンシ
Average E2E latency of UploadPart requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPart の成功したリクエストの平均 E2E レイテンシ
Average server latency of UploadPart requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPart である成功したリクエストの平均サーバーレイテンシ
Maximum E2E latency of UploadPart requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPart である成功したリクエストの最大 E2E レイテンシ
Maximum server latency of UploadPart requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPart である成功したリクエストの最大サーバーレイテンシ
Average E2E latency of UploadPartCopy requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPartCopy である成功したリクエストの平均 E2E レイテンシ
Average server latency of UploadPartCopy requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPartCopy である成功したリクエストの平均サーバーレイテンシ
Maximum E2E latency of UploadPartCopy requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPartCopy である成功したリクエストの最大 E2E レイテンシ
Maximum server latency of UploadPartCopy requests ミリ秒 リクエスト API が UploadPartCopy である成功したリクエストの最大サーバーレイテンシ
成功したリクエスト操作の分類項目

成功したリクエストのモニタリングでは、レイテンシのモニタリングと連携し、アクセスリクエストをある程度処理するシステムの能力を示します。 同様に、現在はバケット関連操作でのデータ操作を含む API だけがモニターされます。 以下に具体的なインジケーター項目を示します。

インジケータ 単位 説明
Successful GetObject requests リクエスト API が GetObject である成功したリクエストの数
Successful HeadObject requests リクエスト API が HeadObject である成功したリクエストの数
Successful PutObject requests リクエスト API が PutObject である成功したリクエストの数
Successful PostObject requests リクエスト API が PostObject である成功したリクエストの数
Successful AppendObject requests リクエスト API が AppendObject である成功したリクエストの数
Successful UploadPart requests リクエスト API が UploadPart である成功したリクエストの数
Successful UploadPartCopy requests リクエスト API が UploadPartCopy である成功したリクエストの数
Successful DeleteObject requests リクエスト API が DeleteObject である成功したリクエストの数
Successful DeleteObjects requests リクエスト API が DeleteObjects である成功したリクエストの数