Bucket Cross-Region Replication サービスを使用すると、異なる OSS データセンターの バケット間で、オブジェクトの自動レプリケーションと非同期レプリケーションを実行できます。 これにより、ソースバケット内のオブジェクトの変更 (作成、上書き、削除など) が、 ターゲットバケットと同期されます。この機能は、バケットやデータのレプリケーション向けのリージョンを超えた災害 復旧策を求める顧客に役立ちます。 ターゲットバケット内のオブジェクトは、 ソースバケット内のオブジェクトの正確なコピーで、 オブジェクト名、メタデータ、および内容 (作成時間、所有者、ユーザー定義メタデータ、オブジェクト ACL、オブジェクト コンテンツなど) は同じです。

使用事例

次のようなさまざまな理由で、バケットにクロスリージョンレプリケーションを設定できます。

  • コンプライアンス要件:OSS では、オブジェクトごとに複数のコピーが物理ディスクに保存されますが、コンプライアンス要件によっては、データのコピーを物理的に離れた場所に保存する必要が生じることがあります。 クロスリージョンレプリケーション機能を使用すると、遠隔地の OSS データセンター間でデータを複製して、 こうしたコンプライアンス要件を満たすことができます。
  • 最小限の待機時間:顧客が地理的に 2 つの場所にいます。 オブジェクトにアクセスする際の待ち時間を最小限に抑えるために、ユーザーに地理的に近い OSS データセンターで、オブジェクトのコピーを維持管理できます。
  • データのバックアップと災害復旧:データのセキュリティと可用性に関する高い要件があり、書き込まれたすべてのデータのコピーを第 2 のデータセンターで明確に管理することを考えています。 一方の OSS データセンターが地震や津波などの致命的なによって損傷を受けた場合は、もう一方のバックアップデータを使用できます。
  • データ複製:業務上の理由から、あるデータセンターの OSS から別の OSS にデータを移行する必要性が生じることがあります。
  • 運用上の理由:同じ一連のオブジェクトを分析する 2 つの異なるデータセンターに、コンピューティングクラスターがあります。 また、これらのリージョンでオブジェクトのコピーの維持管理を選択できます。

注意事項

クロスリージョンレプリケーション機能では、名前が異なるバケットの同期を実行できます。 2 つのバケットが異なるリージョンにある場合は、この機能を使用してソースバケットのデータをターゲットバケットのデータとリアルタイムで同期させることができます。 現在、以下の機能を提供します。

  • リアルタイム同期:データの追加、削除、変更がリアルタイムでモニターされ、変更点をターゲットバケットに同期させることができます。 サイズが 2 MB のファイルの場合、はわずか数分でデータが同期され、ソースデータとターゲットデータ間の整合性が確保されます。
  • 履歴データの移行:バケットの履歴データが同期され、同一のデータコピーが 2 つ作成されます。
  • 同期の進行状況のリアルタイム表示:リアルタイムデータ同期の最後の同期時刻と履歴データ移行の完了率が示されます。
  • 簡単な設定:OSS コンソールでは、使いやすいインターフェイスを使用して、設定を管理できます。

制限事項

  • 2 つのバケットが同期している場合、両方のバケットを同時に操作できるため、ソースバケットからオブジェクトをコピーすると、ターゲットバケットの同じ名前のオブジェクトが上書きされる可能性があります。 この機能を使用するときは注意が必要です。
  • バケットレプリケーション機能では非同期コピー方式が使用されるため、複製されるオブジェクトのサイズによっては、ターゲットバケットにデータをコピーするのに数分から数時間かかることがあります。
  • クロスリージョン同期機能は、2 つのバケットを同期するために3番目のバケットとの同期が有効になっていない場合にのみ機能します。 たとえば、バケット A に対して、バケット B との同期が有効になっているとします。 この同期を最初に解除しない限り、バケット A に対してバケット C との同期を有​​効にできません。 同様に、バケット A に対してバケット B との同期が有効になっていると、 バケット C からバケット B への同期を有​​効にすることはできません。
  • 同期は、異なるリージョンの 2 つのバケット間でのみ実行できます。
  • 現在、クロスリージョンレプリケーション機能は、中国本土の異なるリージョン間でのみ実行できます。

参照