本ページでは、バケットの作成、オブジェクトのアップロードとダウンロードなどの基本的な OSS の操作方法について説明します。

  1. OSS コンソールにログインします。
  2. バケットを作成します。
  3. ファイルのアップロードとダウンロードを実行します。

詳細は、「Alibaba Cloud OSS 利用ガイド (Get started with Alibaba Cloud OSS)」をご参照ください。

OSS のアップロードとダウンロードに関する基礎知識

OSS SDK を使用する前に、OSS のアップロードとダウンロード方法について基礎知識を身に着けることを推奨します。

OSS では RESTful API を使用して操作を実行します。また、全てのリクエストは標準の HTTP 形式のリクエストになります。

OSS は、多様な要件を満たすために、さまざまなアップロード方法を提供しています。 サポート内容は以下のとおりです。
  • Put Object メソッドを使用して、5 GB 未満の単一ファイルを OSS にアップロードします。 詳細は、「簡易アップロード (Simple upload)」をご参照ください。
  • ブラウザから OSS に 5 GB 未満のファイルをアップロードするには、 Post Object メソッド (HTTP 形式) を使用します。 詳細は、「フォームアップロード (Form upload)」をご参照ください。
  • 5 GB を超えるファイルをアップロードするには、マルチパートアップロード方式を使用します。 詳細は、 「マルチパートアップロード (Multipart upload)」をご参照ください。
  • オブジェクトの最後にコンテンツを直接追加するには、 Append Object メソッドを使用します。 この方法は、ビデオのモニタリングや ビデオのライブ配信に特に適しています。 詳細は、 「オブジェクトの追加 (Append object)」をご参照ください。

OSS は、さまざまなダウンロード方法も提供します。 詳細は、「簡易ダウンロード (Simple download) 」および「マルチパートダウンロード (Multipart download)」をご参照ください。

OSS SDK を使用する場合の一般的なプロセス

  1. コンソールから AccessKeyId と AccessKeySecret を取得します。
  2. GitHub から好みのプログラミング言語で OSS SDK をダウンロードします。
  3. アップロードやダウンロードなどの操作を実行します。

各種プログラミング向けの OSS SDK の使用方法についての詳細は、「OSS SDKリファレンス (OSS SDK Reference)」をご参照ください 。