オブジェクトが OSS バケットにアップロードされると、そのオブジェクトの URL が自動的に生成されます。 この URL を使用して、バケット内のオブジェクトにアクセスできます。 カスタムドメイン名を使用して、アップロードされたオブジェクトにアクセスするには、オブジェクトが格納されているバケットにカスタムドメイン名を割り当て、そのバケットのインターネットドメイン名が示される CNAME レコードを追加する必要があります。
重要 中華人民共和国のインターネットの管理規則の要件に従って、カスタムドメイン名を割り当てる必要があるすべてのユーザーは、事前にドメイン名を工業情報化部に申請しなければなりません。 ドメイン名が登録されていない場合は、Alibaba Cloud が提供する ICP サービスを通じて登録できます。

基本概念

カスタムドメイン名をバケットに割り当てる際の主な概念は、以下のとおりです。
  • ユーザードメイン名 (カスタムドメイン名または自己ホストドメイン名):ドメインネームプロバイダから購入したドメイン名を示します。
  • OSS ドメイン名 (バケットドメイン名):OSS によってバケットに割り当てられるドメイン名を示します。 このドメイン名を使って、バケット内のリソースにアクセスできます。 ユーザードメイン名を使用して OSS バケットにアクセスするには、ユーザードメイン名をバケットの OSS ドメイン名に割り当てる必要があります。つまり、Alibaba Cloud のドメインネームシステム (DNS) に CNAME レコードを追加します。
  • Alibaba Cloud CDN domain name:Alibaba Cloud Content Distribution Network (CDN) でユーザードメイン名に割り当てられる CDN 高速化ドメイン名を示します。 CDN 高速化サービスを使用してバケット内のリソースにアクセスするには、ユーザードメイン名を CDN 高速化ドメイン名に割り当てる必要があります。つまり、Alibaba Cloud DNS に CNAME レコードを追加する必要があります。
  • Auto CDN cache update:バケット内のオブジェクトを変更しても、CDN ノード上のオブジェクトキャッシュの有効期限が切れていない場合、ユーザーは変更前のオブジェクトにのみアクセスできます。 この場合は、CDN ノードのオブジェクトキャッシュを手動で更新する必要があります。 操作を簡便化するため、OSS には自動 CDN キャッシュ更新機能が備わっています。 この機能を有効にすると、バケット内のオブジェクトが変更されると、自動的に CDN ノードに対して更新が実行されます。 詳細は、「 自動 CDN キャッシュ更新の有効化 (Enable auto CDN cache update)」をご参照ください。

アプリケーションシナリオ

たとえば、ドメイン名が img.abc.com の Web サイトがあります。この Web サイトには、URL が http://img.abc.com/logo.png の画像が含まれます。 管理を容易にするために、コードを変更せず (つまり画像の URL を変更せずに)、画像に対するすべてのアクセスリクエストを OSS にリダイレクトすることを検討しています。 このような場合に、カスタムドメイン名をバケットに割り当てます。 カスタムドメイン名をバケットに割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. abc-img という名前のバケットを作成し、画像をバケットにアップロードします。
  2. OSS コンソールからカスタムドメイン名 img.abc.com をバケット abc-img に割り当てます。
  3. カスタムドメイン名 img.abc.com をバケット abc-img に割り当てると、OSS ではドメイン名がバケットにマッピングされます。
  4. DNS サーバーに CNAME ルールを追加して、カスタムドメイン名 img.abc.comabc-img.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com (バケット abc-img の OSS ドメイン名) にマッピングします。
  5. http://img.abc.com/logo.png へのアクセスリクエストを受信すると、OSS ではimg.abc.comabc-img のマッピング関係に基づいて、リクエストがバケット abc-img にリダイレクトされます。 つまり、http://img.abc.com/logo.png という URL で画像にアクセスしたユーザーは、http://abc-img.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/logo .png という URL にリダイレクトされます。

次の表は、カスタムドメイン名の割り当て前後のアクセスプロセスを示します。

カスタムドメイン名の割り当て前 カスタムドメイン名の割り当て後
アクセスプロセス
  1. ユーザーが http://img.abc.com/logo.png へのアクセスリクエストを送信します。
  2. DNS ではリクエストからサーバーの IP アドレスが取得されます。
  3. ユーザーがサーバー上の画像 "logo.png" にアクセスします。
  1. ユーザーが http://img.abc.com/logo.png へのアクセスリクエストを送信します。
  2. DNS では、リクエストから URL abc-img.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com を解決します。
  3. ユーザーは OSS バケット abc-img 内の画像 logo.png にアクセスします。

参照情報