edit-icon download-icon

初期化

最終更新日: Apr 03, 2018

OTSClient は Table Store 用のクライアントで、テーブルの操作と単一行または複数行のデータの読み取り/書き込みのための一連のメソッドを提供します。

エンドポイントの決定

エンドポイントは、リージョン内の Alibaba Cloud Table Store のドメインです。次の形式を利用できます。

エンドポイントタイプ 説明
リージョンアドレス 現在の Table Store インスタンスのリージョン。例: https://instance.cn-hangzhou.ots.aliyuncs.com

Table Store のリージョンアドレス

Table Store インスタンスが置かれているリージョンアドレス (エンドポイント) を照会するには、次の手順を実行します。

  1. Alibaba Cloud Table Store コンソールにログインします。

  2. [インスタンスの詳細] ページに移動し、インスタンスのエンドポイントである [インスタンスアクセス URL] を探します。

アクセスキーの設定

Alibaba Cloud Table Store にアクセスするには、署名認証用の有効なアクセスキー (AccessKeyId と AccessKeySecret を含む) が必要です。アクセスキーを取得するには、次の手順を実行します。

  1. Alibaba Cloud アカウントを登録します。

  2. AccessKey コンソールにログインして、AccessKeyID と AccessKeySecret を作成します。

AccessKeyID と AccessKeySecret を取得した後で、次の手順を実行して OTSClient インスタンスを初期化します。

Table Store サービスのエンドポイントを使用してクライアントを作成します。

  • API:
  1. """
  2. Initialize the ``OTSClient`` instance.
  3. ``end_point`` is the Table Store service address (for example, 'https://instance.cn-hangzhou.ots.aliyun.com:80'), which must be prefixed with 'https://'.
  4. ``access_key_id`` is the AccessKeyID used to access Table Store. You can get this by applying on the official site or contacting an administrator.
  5. ``access_key_secret`` is the AccessKeySecret used to access Table Store. You can get this by applying on the official site or contacting an administrator.
  6. ``instance_name`` is the name of the instance to access. You can create an instance on the console or by contacting an administrator.
  7. ``sts_token`` is the STS token used to access Table Store. You can get this from Alibaba Cloud STS service. When the STS token is expired, you must reacquire it.
  8. ``encoding`` is the encoding type of the request parameter string. The default value is utf8.
  9. ``socket_timeout`` is the time-out of each connection socket in the connection pool. It can be an integer or float number in the unit of seconds. The default value is 50.
  10. ``max_connection`` is the maximum number of connection pool connections. The default value is 50.
  11. ``logger_name`` is used to print the DEBUG in the request or print the ERROR log when an error occurs.
  12. ``retry_policy`` defines the retry policy. By default, the retry policy is DefaultRetryPolicy. You can inherit a RetryPolicy class to implement your own retry policy. For more information, see the DefaultRetryPolicy code.
  13. """
  14. class OTSClient(object):
  15. def __init__(self, endpoint, access_key_id, access_key_secret, instance_name, **kwargs):

例:

  1. ######### Set the log file name and retry policy #########
  2. # The log file name is table_store.log. The retry policy is WriteRetryPolicy, which will retry the write operation.
  3. ots_client = OTSClient('endpoint', 'access_key_id', 'access_key_secret', 'instance_name', logger_name = 'table_store.log', retry_policy = WriteRetryPolicy())
  4. ######### Use STS #########
  5. ots_client = OTSClient('endpoint', 'STS.K8h*******GB77', 'CkuDj******Wn6', 'instance_name', sts_token = 'CAISjgJ1q6Ft5B2y********OFcsLLuw==')

HTTPS

  • HTTPS はバージョン 2.0.8 以降を利用できます。

  • 最小バージョンは OpenSSL 0.9.8j ですが、OpenSSL 1.0.2d を推奨します。

  • Python 2.0.8 リリースパックには、直接インストールして使用できる certifi パッケージが含まれます。ルート証明書を更新するには、最新のルート証明書をルート証明書からダウンロードします。