ますます多くの企業が IoT (Internet of Things) ソリューションを利用して、デバイスからデータを収集、管理し、収益を向上させています。 しかし、IoT エコシステムを変革し、強力な IoT プラットフォームを構築する作業は困難に直面しています。 Alibaba Cloud IoT Platform は、これらの問題に対するソリューションを提供します。

次の表は、従来の IoT 開発と、Alibaba Cloud IoT Platform に基づく IoT 開発の違いを示しています。
従来の IoT 開発 Alibaba Cloud IoT Platform に基づく開発
IoT プラットフォームへのデバイスの接続

インフラストラクチャと、組み込みシステム開発者およびクラウド開発者のサポートが必要です。

開発は難しく、非効率的です。

デバイスとクラウドの間を短期間で接続するための SDK (ソフトウェア開発キット) を提供します。

IoT Platform は、世界中のデバイス、異種ネットワークのデバイス、多環境下で実行されているデバイス、および複数プロトコルに基づいて動作するデバイスへの接続をサポートします。

パフォーマンス アーキテクチャの手動スケーリングが必要です。 その結果、サーバーやロードバランサーなどのインフラストラクチャを、デバイスレベルの粒度で実装することが困難になります。 1 億台以上のデバイスの永続的接続と数百万台の同時接続をサポートし、アーキテクチャの水平スケーリングを可能にします。
セキュリティ セキュリティ対策の策定とデプロイメントが別途必要です。 デバイスデータのセキュリティ確保には困難が予想されます。 クラウド内のデータを保護する手段が、複数あります。
  • デバイス認証によるデバイスのセキュリティと一意性の保証
  • 通信暗号化によるデータ改ざん防止
  • Alibaba Cloud Security と権限チェックによるクラウドセキュリティの保護
安定性 手動によるサーバー障害検出とサービス移行が必要で、移行中のサービス中断によりサービスが不安定になります。 最大 99.9% のサービス可用性を保証し、単一障害点での自動移行を可能にします。
使いやすさ ロードバランシングのための分散アーキテクチャ構築に追加のサーバーを必要とし、接続、コンピューティング、ストレージを処理する完全な IoT システム開発が必要で、費用がかかります。 同一プラットフォームでのデバイス管理、デバイスのリアルタイムモニタリング、および Alibaba Cloud サービスへのシームレスな接続をサポートし、複雑な IoT アプリケーションの柔軟で容易な実装を可能にします。