Log Service API は HTTP プロトコルに基づく RESTful API であり、すべての API リクエストで使用できる一連のパブリックリクエストヘッダーをサポートします (特に明記されていない限り、各 Log Service API リクエストはこれらのパブリックリクエストヘッダーを提供する必要があります)。 以下の詳細な定義をご参照ください。

ヘッダー名 データ型 説明
Accept String クライアントが Log Service から返されることを期待する型。 現在、application/json と application/cbor がサポートされています。 このフィールドはオプションであり、GET リクエストに対してのみ有効です。 特定の値は、各 API の定義に従います。
Accept-Encoding String クライアントが Log Service から返されることを期待する圧縮アルゴリズム。 現在、lz4、デフレート、およびヌル (圧縮されていない) がサポートされています。 このフィールドはオプションであり、GET リクエストに対してのみ有効です。 特定の値は、各 API の定義に従います。
Authorization String 署名コンテンツ。 詳細については「Request signature」をご参照ください。
Content-Length 数値 RFC 2616 で定義されている HTTP リクエスト本文の長さ。 リクエストにボディがない場合、このリクエストヘッダーは必要ありません。
Content-MD5 String リクエストボディの MD5 計算後に生成された文字列です。計算結果は大文字です。リクエストにボディがない場合、このリクエストのヘッダーは必要ありません。
Content-Type String RFC 2616 で定義された HTTP リクエストボディの型。 現在、 Log Service API リクエストは、application/x-protobuf のみサポートします。リクエストにボディがない場合、 このリクエストヘッダーは必要ありません。 特定の値は、各 API の定義に従います。
date String リクエストが送信される時刻。 現在、パラメータは RFC 822 形式のみをサポートし、GMT 標準時が使用されます。 書式設定された文字列は次のとおりです。 %H:%M:%S GMT (たとえば、Mon, 3 Jan 2010 08:33:47 GMT)。
Host String HTTP リクエストの完全なホスト名。http:// などのプロトコルヘッダーを含みません (big-game.cn-hangzhou.sls.aliyuncs.com)。
x-log-apiversion String API のバージョン。 現在は 0.6.0 です。
x-log-bodyrawsize 数値 リクエストボディの初期サイズ。 リクエストにボディがない場合、値は 0 です。 ボディが圧縮データの場合、値は圧縮前の生データのサイズです。 このフィールドの値の範囲は、 0~3x1024x1024 です。 このフィールドはオプションであり、本体が圧縮されている場合のみ必要です。
x-log-compresstype String API リクエストボディの圧縮の種類。 現在、lz4 とデフレートがサポートされています (RFC 1951 は zlib 形式を使用します。 詳細については、RFC1945 をご参照ください)。 ボディが圧縮されていない場合、このリクエストヘッダーは必要ありません。
x-log-date String リクエストが送信される時刻。 書式は Date ヘッダーの形式と同じです。 このリクエストヘッダーはオプションです。リクエストにこのパブリックリクエストヘッダーが含まれている場合、この値は Log Service のリクエスト認証の標準ヘッダー日付の値と置き換えられます。 このフィールドは署名に参加しません。 x-log-date ヘッダーの有無にかかわらず、 HTTP 標準ヘッダー日付を指定する必要があります。
x-log-signaturemethod String 署名計算方法。 現在は hmac-sha1 のみサポートされています。
x-acs-security-token String セキュリティトークン サービス (STS) の一時的な ID を使用してデータを送信します。 このリクエストヘッダーは、STS の一時的な ID が使用される場合のみ必要です。
  • リクエストの Date ヘッダーで表される時間と、サーバーがリクエストを受信する時間との最大差は 15 分です。 この差が 15 分を超えると、サーバーはこのリクエストを拒否します。 リクエストに X-log-date ヘッダーが含まれている場合、時間差は x-log-date ヘッダーの値に基づいて計算されます。
  • リクエストの x-log 圧縮型で圧縮アルゴリズムが指定されている場合、 生データを圧縮してから HTTP 本文に配置する必要があります。
  • 時間の最大差 要求の Date ヘッダーで表され、サーバーがリクエストを受信する時間は 15 分です。 この差が 15 分を超えると、サーバーはこのリクエストを拒否します。 リクエストに X-log-date ヘッダーが含まれている場合、時間差は x-log-date ヘッダーの値に基づいて計算されます。