パブリックネットワークのサービスエンドポイント

Log Service ポイントは、プロジェクトにアクセスし、プロジェクト内のログにアクセスするために使用される URL で、 プロジェクトが存在する Alibaba Cloud リージョンおよび プロジェクト名に関連付けられています。 現在、Log Service は複数の Alibaba Cloud リージョンで有効化されています。 各リージョンのパブリック ネットワーク サービスエンドポイントは以下のとおりです。

リージョン ルートサービスエンドポイント
中国 (杭州) cn-hangzhou.log.aliyuncs.com
中国 (上海) cn-shanghai.log.aliyuncs.com
中国 (青島) cn-qingdao.log.aliyuncs.com
中国 (北京) cn-beijing.log.aliyuncs.com
中国 (張家口) cn-zhangjiakou.log.aliyuncs.com
中国 (フフホト) cn-huhehaote.log.aliyuncs.com
中国 (深セン) cn-shenzhen.log.aliyuncs.com
中国 (成都) cn-chengdu.log.aliyuncs.com
香港 cn-hongkong.log.aliyuncs.com
日本 (東京) ap-northeast-1.log.aliyuncs.com
シンガポール ap-southeast-1.log.aliyuncs.com
オーストラリア (シドニー) ap-southeast-2.log.aliyuncs.com
マレーシア (クアラルンプール ) ap-southeast-3.log.aliyuncs.com
インドネシア (ジャカルタ ) ap-southeast-5.log.aliyuncs.com
UAE (ドバイ) me-east-1.log.aliyuncs.com
米国 (シリコンバレー) us-west-1.log.aliyuncs.com
ドイツ (フランクフルト) eu-central-1.log.aliyuncs.com
米国 (バージニア ) us-east-1.log.aliyuncs.com
インド (ムンバイ ) ap-south-1.log.aliyuncs.com
ロンドン (イギリス) eu-west-1.log.aliyuncs.com

特定のプロジェクトにアクセスする場合は、プロジェクト名とリージョンに基づいて最終的なサービスエンドポイントを構築する必要があります。 形式は次のとおりです。

<project_name>.<region_endpoint>

たとえば、プロジェクト名が「big-game」で、リージョンが中国 (杭州) の場合、サービスエンドポイントは次のようになります。

big-game.cn-hangzhou.log.aliyuncs.com

Log Service プロジェクトの作成時にリージョンを指定する必要があります。 プロジェクトを作成した後にリージョンを変更することはできません。また、プロジェクトを別のリージョンに移行することもできません。 このプロジェクトのサービスエンドポイントを構成するためには、 リージョンが一致するルートサービスエンドポイントを選択しなけれあなりません。 サービスエンドポイントは、API 操作リクエストに使用されます。

クラシック ネットワークまたは VPC のサービスエンドポイント

プライベートネットワーク サービス エンドポイントを使用して、仮想プライベートクラウド (VPC) 環境を含む Alibaba Cloud Elastic Compute Service (ECS) インスタンスで Log Service API 操作を呼び出すこともできます。 プライベートネットワークサービスエンドポイントを介て Log Service へアクセスすると、ECS インスタンスのインターネットトラフィックを消費しないため、ECS インスタンスのインターネット帯域幅を節約できます。 次の表に、各リージョンのプライベートネットワークのサービスエンドポイントを示します。

リージョン ルートサービスエンドポイント
中国 (杭州) cn-hangzhou-intranet.log.aliyuncs.com
中国 (上海) cn-shanghai-intranet.log.aliyuncs.com
中国 (青島) cn-qingdao-intranet.log.aliyuncs.com
中国 (北京) cn-beijing-intranet.log.aliyuncs.com
中国 (深セン) cn-shenzhen-intranet.log.aliyuncs.com
中国 (張家口) cn-zhangjiakou-intranet.log.aliyuncs.com
中国 (フフホト) cn-huhehaote-intranet.log.aliyuncs.com
中国 (成都) cn-chengdu-intranet.log.aliyuncs.com
香港 cn-hongkong-intranet.log.aliyuncs.com
米国 (シリコンバレー) us-west-1-intranet.log.aliyuncs.com
日本 (東京) ap-northeast-1-intranet.log.aliyuncs.com
シンガポール ap-southeast-1-intranet.log.aliyuncs.com
オーストラリア (シドニー) ap-southeast-2-intranet.log.aliyuncs.com
マレーシア (クアラルンプール ) ap-southeast-3-intranet.log.aliyuncs.com
インドネシア (ジャカルタ ) ap-southeast-5-intranet.log.aliyuncs.com
UAE (ドバイ) me-east-1-intranet.log.aliyuncs.com
ドイツ (フランクフルト) eu-central-1-intranet.log.aliyuncs.com
米国 (バージニア ) us-east-1-intranet.log.aliyuncs.com
インド (ムンバイ ) ap-south-1-intranet.log.aliyuncs.com
ロンドン (イギリス) eu-west-1-intranet.log.aliyuncs.com

たとえば、プロジェクト名が「big-game」で、リージョンが中国 (杭州) の場合、プライベート ネットワーク サービス エンドポイントは次のようになります。

big-game.cn-hangzhou-intranet.log.aliyuncs.com
現在 Log Service は 、前述のサービスエンドポイントを介した API 操作に対してHTTP と HTTPS のみサポートしています。

インターネットベースのグローバルアクセラレーションのサービスエンドポイント

Log Service は、VPC とパブリック ネットワークの他に、インターネットベースのグローバルアクセラレーション というネットワークの種類を追加します。 インターネットベースの Global Acceleration は、通常のインターネットアクセスと比較して、遅延と安定性の点において大きな利点があり、 データ収集、低消費遅延、信頼性の高いシナリオに適しています。

インターネット ベースのグローバル アクセラレーションのサービス エンドポイントは、すべてのリージョンで共通して log-global.aliyuncs.com となります。

グローバル アクセラレーション機能はデフォルトで無効になっています。 手動で有効にする必要があります。 手動更新の処理方法の詳細については、「Global Acceleration の有効化」をご参照ください。