Log Service のモニタリングは、CloudMonitor コンソールまたは Log Service コンソールで行います。

  • CloudMonitor コンソールで確認できる項目は、以下のとおりです。
    • Logstore の読み取り/書き込みログ
    • Logtail エージェントの収集ログ
  • Log Service コンソールで確認できる項目は、以下のとおりです。
    • リアルタイムなサブスクリプション情報 (Spark Streaming、Storm、および Consumer Library)
    • ログの送信ステータス

本ドキュメントでは、CloudMonitor コンソールでの確認方法について説明します。Log Service コンソールでの確認方法については、「コンシューマーグループのステータス表示」、「LogShipper タスクの管理」および「アラーム設定」をご参照ください。

手順

RAM ユーザーが CloudMonitor の設定を行う場合は、RAM ユーザーに権限を付与する必要があります。
  1. Log Service コンソールにログインします。
  2. プロジェクト一覧ページで、プロジェクト名をクリックします。
  3. Logstore の右側のモニタリングアイコンをクリックして、CloudMonitor コンソールに移動します。

    モニタリング設定ページに移動するには、CloudMonitor コンソールに直接ログインし、左側のナビゲーションメニューよりクラウドサービスLog Serviceと順にクリックします。

    CloudMonitor のログデータをモニタリングします。 詳細については、Log Service をモニタリングをご参照してください。

    図 1. モニタリング項目詳細


参考

Log Service モニタリングメトリック

アラームルールの設定

モニタリンググラフページの右上隅のアラームルールを作成をクリックします。関連するリソース、アラームルール、および通知方法を設定します。詳細については、CloudMonitor にアラームルールを設定をご参照ください。