はじめに

RAM SDK は 2 つの部分から構成されています。 Alibaba Cloud Java SDK の公開部分は aliyun-java-sdk-cores に依存しています。 RAM 部分は aliyun-java-sdk-ram に依存します。

それぞれの API インターフェイスの詳細については、RAM API のドキュメントをご参照ください。

SDK デモコードの自動生成およびオンライン API デバッグについては、「OpenAPI エクスプローラ」をご参照ください。

インストール

Maven Repo を使って RAM SDK を導入するか、手動で RAM SDK.jar をダウンロードすることができます。 その後、それをプロジェクトに追加します。

Maven 依存関係
<dependency> 
    <groupId>com.aliyun</groupId> 
    <artifactId>aliyun-java-sdk-ram</artifactId>
    <version>2.0.7</version>
</dependency> 
<dependency> 
    <groupId>com.aliyun</groupId> 
    <artifactId>aliyun-java-sdk-core</artifactId> 
    <version>2.2.3</version>
</dependency> 
JAR パッケージのアップロード

aliyun-java-sdk-core-2.2.3.jar

aliyun-java-sdk-ram-2.0.7.jar

例として、"alice" という名前のサブアカウントを RAM に作成します。
package com.aliyun.ram.sample;

import com.aliyuncs.DefaultAcsClient;
import com.aliyuncs.exceptions.ClientException;
import com.aliyuncs.profile.DefaultProfile;
import com.aliyuncs.profile.IClientProfile;

// The RAM API version is 2015-05-01
import com.aliyuncs.ram.model.v20150501. *;

/**
 * Created by JasonGao on 15/11/4.
 */

public class RamServiceSample {

    public static void main(String[] args) {
        // Construct an Aliyun Client for initiating a request
        // Set AccessKeyID and AccessKeySevcret when constructing the Aliyun Client
        // RAM is a Global Service, and its API ingress is located in the East China 1 (Hangzhou) region. Enter "cn-hangzhou" in "Region"
        IClientProfile profile = DefaultProfile.getProfile("cn-hangzhou",
                                                           "<AccessKeyId>",
                                                           "<AccessKeySecret>");
        DefaultAcsClient client = new DefaultAcsClient(profile);

        // Construct a "CreateUser" request
        final CreateUserRequest request = new CreateUserRequest();

        // Set the parameter - User
        request.setUserName("alice");

        // Initiate a request and obtain the response
        try {
            final CreateUserResponse response = client.getAcsResponse(request);

            System.out.println("UserName: " + response.getUser().getUserName());
            System.out.println("CreateTime: " + response.getUser().getCreateDate());
        } catch (ClientException e) {
            System.out.println("Failed.") ;
            System.out.println("Error code: " + e.getErrCode());
            System.out.println("Error message: " + e.getErrMsg());
        }

    }
}

リリースノート

バージョン: 2.0.7

RAM Java SDK の最初のバージョンは 2015 年 11 月 7 日にリリースされ、RAM のすべての API が含まれています。