インターフェイス説明

基本的なユーザー情報を更新します。

リクエストパラメータ

Action
  • データ型:String
  • 必須項目:はい
  • 説明:操作インターフェイス、必須。 パラメータ値:「UpdateUser」。
UserName
  • データ型:String
  • 必須項目:はい
  • 説明:ユーザーの名前。
  • 形式:
    ^[a-zA-Z0-9\. @\\-_]+$
NewUserName
  • データ型:String
  • 必須項目:いいえ
  • 説明:新しいユーザー名。
  • 形式:
    ^[a-zA-Z0-9\. @\\-_]+$
NewDisplayName
  • データ型:String
  • 必須項目:いいえ
  • 説明:新しい表示名。
NewMobilePhone
  • データ型:String
  • 必須項目:いいえ
  • 説明:RAMユーザーの新しい携帯電話番号。
  • 形式:<国際エリアコード>-<番号> (例: 86-18600008888)
NewEmail
  • データ型:String
  • 必須項目:いいえ
  • 説明:RAMユーザーの新しいEmailアドレス。
NewComments
  • データ型:String
  • 必須項目:いいえ
  • 説明:新しい補足情報。 最大文字数は128文字です。

リターンパラメータ

User
  • データ型:User型User
  • 説明:ユーザー情報。

必要な権限

Action
ram:UpdateUser
Resource
acs:ram:*:${AccountId}:user/${UserName}

エラーメッセージ

InvalidParameter.UserName.InvalidChars
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「UserName」に無効な文字が含まれています。
InvalidParameter.UserName.Length
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「UserName」は長さの制限を超えています。
InvalidParameter.NewUserName.InvalidChars
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「NewUserName」に無効な文字が含まれています。
InvalidParameter.NewUserName.Length
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「NewUserName」は長さの制限を超えています。
InvalidParameter.NewDisplayName.InvalidChars
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「NewDisplayName」に無効な文字が含まれています。
InvalidParameter.NewDisplayName.Length
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「NewDisplayName」は長さの制限を超えています。
InvalidParameter.NewComments.Length
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「NewComments」は長さの制限を超えています。
InvalidParameter.NewMobilePhone.Format
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「NewComments」の形式は正しくありません。
InvalidParameter.NewEmail.Format
  • HTTPステータスコード:400
  • エラーメッセージ:パラメータ - 「NewEmail」の形式は正しくありません。
EntityNotExist.User
  • HTTPステータスコード:404
  • エラーメッセージ:ユーザーは存在しません。
Entityalreadyexists. User
  • HTTPステータスコード:409
  • エラーメッセージ:ユーザーは既に存在しています。

操作の例

リクエストの例
https://ram.aliyuncs.com/?Action=UpdateUser
&UserName=zhangqiang
&NewUserName=xiaoqiang
&NewMobilePhone=86-18600008888
&NewEmail=zhangqiang@example.com
&<Public request parameters>
戻り値の例
  • XML形式
    <CreateUserResponse>
        <RequestId>04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368</RequestId>
        <User>
            <UserId>1227489245380721</UserId>
            <UserName>xiaoqiang</UserName>
            <DisplayName>zhangqiang</DisplayName>
            <MobilePhone>86-18600008888</MobilePhone>
            <Email>zhangqiang@example.com</Email>
            <Comments>This is a cloud computing engineer.</Comments>
            <CreateDate>2015-01-23T12:33:18Z</CreateDate>
            <UpdateDate>2015-02-11T03:15:21Z</UpdateDate>
        </User>
    </CreateUserResponse>
  • XML形式
    {
        "RequestId": "04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368",
        "User": {
            "UserId": "1227489245380721",
            "Username": "Xiaoqiang ",
            <DisplayName>zhangqiang</DisplayName>
            "MobilePhone": "86-18600008888",
            "Email": "zhangqiang@example.com",
            <Comments>This is a cloud computing engineer.</Comments>
            "CreateDate": "2015-01-23T12:33:18Z",
            "UpdateDate": "2015-02-11T03:15:21Z"
        }
    }