Server Load Balancer では、インバウンドとアウトバウンドのトラフィックや接続数などをモニタリングする機能を提供しています。 コンソール上に、リアルタイムのモニタリングデータを表示することができます。 Server Load Balancer インスタンスが消費したネットワークトラフィックに応じて料金が発生します。 ただし、モニタリングデータと実際に課金対象となるデータは異なる場合があります。次の表に示すとおり、いくつかの原因があります。

原因 モニタリングデータ 課金対象データ
計算方法

モニタリングデータは、Server Load Balancer システムによって毎分収集され、クラウドモニタリングシステムに送信されます。 クラウドモニタリングシステムは、15 分に 1 回、収集されたデータ全体の平均値を計算します。

表示されるネットワークトラフィックのデータは、計算上の平均値です。

課金対象データも同じ精度で収集されます。Server Load Balancer システムは 1 時間に 1 回、累積値を課金システムに送信します。

モニタリングデータは計算上の平均値で、課金対象データは実際の累積値です。 これら 2 つのデータは、計算方法と生成方法が異なるため、比較できません。

レイテンシ Server Load Balancer はリアルタイムのモニタリングデータを提供しています。 ただし、データの収集、計算、表示を行う過程において、必然的に短時間の遅延が発生することがあります。 この遅延はほんのわずかなものですが、これによってモニタリングデータと課金対象データにある程度の差異が生じることがあります。 課金対象データには、最大 3 時間の遅延が許容されています。 たとえば、 01:00 ~ 02:00 に生成された課金対象データは通常 03:00 に請求システムに送信されますが、請求システムに送られるのが 05:00 になることもあります。 その結果、課金対象データとモニタリングデータの間には違いが生じます。
用途 モニタリングデータは、インスタンスが異常な状態になっていないかどうかを監視するためのものです。 異常があれば、すぐに問題解決に向けた具体策をとることができます。 課金対象データは、料金の請求に必要な情報です。 モニタリングデータを請求に使用することはありません。