edit-icon download-icon

DescribeLoadBalancerUDPListenerAttribute

最終更新日: May 07, 2018

説明

UDP リスナー設定情報を照会します。

リクエストパラメーター

名前 必須かどうか 説明
Action String はい オペレーターインターフェイス名、必須パラメーター。
値:DescribeLoadBalancerUDPListenerAttribute
RegionId String はい SLB インスタンスが配置されているリージョンの ID。
LoadBalancerId String はい TCP リスナーが作成される SLB インスタンスの ID。
ListenerPort Integer はい 着信トラフィックを受信し、トラフィックをバックエンドサーバーに配信するために使用されるリスナーのフロントエンドポート。
有効な値:[1、65535]

レスポンスパラメータ

パラメーター名 説明
RequestId String リクエストの ID。
ListenerPort Integer 着信トラフィックを受信し、トラフィックをバックエンドサーバーに配信するために使用されるリスナーのフロントエンドポート。
Status String リスナーのステータス。
BackendServerPort Integer 要求を受け取るためにバックエンドサーバー上で開かれたポート。
Bandwidth Integer

リスナーのピーク帯域幅。有効な値:[1,1000] Mbps

:値が-1に設定されている場合、インターネット SLB インスタンスは帯域幅によって制限されません。

Scheduler String

トラフィックを分散するために使用されるアルゴリズム。有効な値:

  • wrr(デフォルト)

    より高い重みを持つバックエンドサーバーは、より小さい重みを持つものより多くの要求を受け取ります。

  • wlc

    重みの高いサーバー程、接続数の割合が高くなります。重みが同じ場合、システムは確立された接続数が最も少ないサーバーに接続リクエストを転送します。

  • rr

    リクエストは、バックエンドサーバに均等かつ逐次配信されます。

VServerGroupId String VServer グループの ID。
MasterSlaveServerGroupId String マスター/スレーブサーバーグループの ID。
HealthCheckConnectPort Integer ヘルスチェックに使用されるポート。
HealthyThreshold Integer 同じ ECS インスタンス上で同じ LVS モード・サーバーによって実行されたヘルスチェックの連続成功回数(失敗から成功まで)。
UnhealthyThreshold Integer 同一の ECS インスタンス上で同じ LVS ノード・サーバーによって実行されたヘルスチェックの連続失敗の数(成功から失敗まで)。
HealthCheckConnectTimeout Integer

ヘルスチェックからの応答を待機する時間(秒単位)。ECS インスタンスが指定されたタイムアウト時間内に応答を送信しない場合、ヘルスチェックは失敗します。

注意HealthCheckInterval の値が HealthCHeckTimeout パラメーターの値より大きい場合、タイムアウトは HealthCheckInterval パラメーターの値に設定されます。

HealthCheckInterval Integer 連続した 2 回のヘルスチェックの時間間隔。
HealthCheckReq String UDP リスナーヘルスチェックの要求文字列。英字、数字のみが許可されます。最大 500 文字まで入力できます。
HealthCheckExp String UDP リスナーチェックの応答文字列。英字、数字のみが許可されます。最大 500 文字まで入力できます。

リクエスト例

  1. https://slb.aliyuncs.com/?Action=DescribeLoadBalancerUDPListenerAttribute
  2. &LoadBalancerId=139a00604ad-cn-east-hangzhou-01
  3. &ListenerPort=53
  4. &<Public Request Parameters>

レスポンス例

  • XML 形式

    1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    2. <DescribeLoadBalancerUDPListenerAttributeResponse>
    3. <RequestId>365F4154-92F6-4AE4-92F8-7FF34B540710</RequestId>
    4. <ListenerPort>53</ListenerPort>
    5. <BackendServerPort>53</BackendServerPort>
    6. <Bandwidth>-1</Bandwidth>
    7. <Status>stopped</Status>
    8. <Schedule>wrr</Schedule>
    9. <StickySession>on</StickySession>
    10. <PersistenceTimeout>0</PersistenceTimeout>
    11. </DescribeLoadBalancerUDPListenerAttributeResponse>
  • JSON 形式

    1. {
    2. "RequestId":"365F4154-92F6-4AE4-92F8-7FF34B540710",
    3. "ListenerPort":53,
    4. "BackendServerPort":53,
    5. "Bandwidth":-1,
    6. "Status":"stopped",
    7. "Schedule":"wrr",
    8. "StickySession":"on",
    9. "PersistenceTimeout":0
    10. }