IP アドレスをリスナーホワイトリストに追加します。

デバッグ

OpenAPI Explorer を使用してデバッグ操作を実行し、SDK コード例を生成します。

リクエストパラメータ

パラメータ データ型 必須/省略可能 値の例 説明
Action String 必須 AddListenerWhiteListItem

この操作の名前です。

値:AddListenerWhiteListItem

ListenerPort Integer 必須 80

SLB インスタンスが使用するフロントエンドポート。

LoadBalancerId String 必須 139a00604ad-cn-east-hangzhou-01

SLB インスタンスの ID。

RegionId String 必須 cn-hangzhou

SLB インスタンスが属するリージョンの ID。

SourceItems String 必須 1.1.1.1,1.1.1.0/21

アクセス制御リスト。

このパラメータは、AccessControlStatus パラメータの値が open_white_list の場合に有効です。

IP アドレスと IP アドレスセグメント (CIDR ブロック) の両方がサポートされています。 複数の IP アドレスまたは CIDR ブロックを区切るには、コンマ (,) を使用します。

0.0.0.0 と 0.0.0.0/0 は使用できません。SetListenerAccessControlStatus を呼び出して AccessControlStatus を close に設定し、アクセス制御を無効化できます。

レスポンスパラメータ

パラメータ データ型 値の例 説明
RequestId String CEF72CEB-54B6-4AE8-B225-F876FF7BA984

リクエストの ID。

リクエストの例

http(s)://[Endpoint]/?Action=AddListenerWhiteListItem
&ListenerPort=80
&LoadBalancerId=139a00604ad-cn-east-hangzhou-01
&SourceItems=1.1.1.1,1.1.1.0/21
&<CommonParameters>

レスポンスの例

XML 形式

<AddListenerWhiteListItemResponse>
    <RequestId>CEF72CEB-54B6-4AE8-B225-F876FF7BA984</RequestId>
</AddListenerWhiteListItemResponse>

JSON 形式

{
    "RequestId": "CEF72CEB-54B6-4AE8-B225-F876FF7BA984"
}

エラーコード

一般的なエラーコードをご参照ください。