edit-icon download-icon

CreateLoadBalancer

最終更新日: Sep 05, 2017

説明

LoadBalancer を作成します。つまり、Server Load Balancer インスタンスを生成し、パラメーターに従いサービスアドレスと LoadBalancerId を割り当てます。

AddressType では、割り当てられるサービスアドレスにパブリックネットワーク IP アドレス、またはイントラネット IP アドレスのいずれかを指定します。

リクエストパラメーター

名前 必須かどうか 説明
Action String はい システムで指定するオペレーターインターフェイス名
値: CreateLoadBalancer
RegionId String はい Server Load Balancer インスタンスが存在するリージョンの ID
値: [Describe Regions] の戻り値から選択されます。
LoadBalancerSpec String いいえ インスタンスの名前
値: slb.s1.small/slb.s2.small
slb.s2.medium/slb.s3.small
slb.s3.medium/slb.s3.large
デフォルト: slb.s1.small
リージョンごとにサポートされている値が異なります。サポートされていない値を指定した場合、インスタンスは影響を受けません。
ResourceGroupId String いいえ エンタープライズリソースグループ ID
LoadBalancerName String いいえ 表示されるインスタンス名
値:表示されるインスタンス名
デフォルト値:なし
パラメーターが指定されていないと、インスタンス名がシステムによってデフォルトで割り当てられます。
AddressType String いいえ アドレスタイプ
値: internet OR intranet
デフォルト: internet
VSwitchId String 条件に依存 ユーザによって指定された VSwitch 名
InternetChargeType String いいえ パブリックネットワークインスタンスの課金モード
値: paybytraffic
Bandwidth Integer いいえ 固定帯域幅に対して課金されるパブリックネットワークインスタンスの帯域幅ピーク
値: 1 ~ 1000 (Mbps)
デフォルト: 1
ClientToken String いいえ リクエストのべき等性を確保するため。各リクエストで一意でなければならず、最大 64 文字の ASCII 文字を含みます。
値: パラメーターは、クライアントによって生成されます。
MasterZoneId String いいえ マスターゾーンのID。DescribeZone を使用することによって、全てのマスターとスレーブリージョンを確認できます。
SlaveZoneId String いいえ スレーブゾーンのID。DescribeZone を使用することによって、全てのマスターとスレーブリージョンを確認できます。

リターンパラメーター

名前 説明
共通パラメーター 詳細については、「共通パラメーター」を参照してください。
LoadBalancerId String Server Load Balancer インスタンスの一意の ID
Address String システムによって割り当てられるサービスアドレス。このパブリックのサービスアドレスを公開して、パブリックネットワークおよび Server Load Balancer のイントラネットを別々に作成するかどうかを選択できます。
VpcId String VPC インスタンスの ID
VSwitchId String VPC インスタンス内の VSwitch の ID
MasterZoneId String インスタンスのマスターゾーンの ID
SlaveZoneId String インスタンスのスレーブゾーンの ID
LoadBalancerName String Server Load Balancer インスタンスのエイリアス
LoadBalancerSpec String Server Load Balancer インスタンスの構成。性能共有型インスタンスの場合、値は null になります。

リクエストの例

  1. https://slb.aliyuncs.com/
  2. &Action=CreateLoadBalancer
  3. &RegionId=cn-east-hangzhou-01
  4. &LoadBalancerName=abc
  5. &AddressType=internet
  6. &InternetChargeType=paybytraffic
  7. &<Common Request Parameter>

戻り値の例

  • XML 形式

    1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    2. <CreateLoadBalancerResponse>
    3. <RequestId>365F4154-92F6-4AE4-92F8-7FF34B540710</RequestId>
    4. <LoadBalancerId>139a00604ad-cn-east-hangzhou-01</LoadBalancerId>
    5. <Address>42.250.6.36</Address>
    6. <LoadBalancerName>abc</LoadBalancerName>
    7. </CreateLoadBalancerResponse>
  • JSON 形式

    1. {
    2. "RequestId":"365F4154-92F6-4AE4-92F8-7FF34B540710",
    3. "LoadBalancerId":"139a00604ad-cn-east-hangzhou-01",
    4. "Address":"42.250.6.36",
    5. "LoadBalancerName":"abc"
    6. }