Server Load Balancer は、クラスターにデプロイされています。クラスターデプロイメントモデルにより、バックエンドサーバーの単一障害点が排除され、冗長性とサービスの安定性が向上します。

Alibaba Cloud は、レイヤー 4 (TCP プロトコルと UDP プロトコル) とレイヤー 7 (HTTP プロトコルと HTTPS プロトコル) のロードバランシングサービスを提供します。

  • レイヤー 4 は、オープンソースソフトウェアの LVS (Linux Virtual Server) と keepalived を利用してロードバランシングを実現し、クラウドコンピューティングの要件に基づいてカスタマイズを行っています。
  • レイヤー 7 SLB は Tengine を使用してロードバランシングを実現します。Tengine はタオバオが立ち上げた Web サーバープロジェクトです。Nginx を基盤とし、トラフィックの多い Web サイト向けに幅広い高度な機能を追加しています。

下図のように、各リージョンのレイヤー 4 SLB は実際のところ複数の LVS マシンでデプロイした LVS クラスター内で実行されます クラスターデプロイメントモデルは、異常な状態でロードバランササービスの可用性、安定性および拡張性を強化します。



さらに、LVS クラスター内の LVS マシンは、マルチキャストパケットを使用してセッションを他の LVS マシンに同期させることが可能です。 下図のように、LVS1 で確立されたセッション A は、3 つのパケットが転送された後、他の LVS マシンと同期されます。 通常の状況では、セッションのリクエストは下図に示す実線のように LVS1 に送信されます。 LVS1 が異常であるかメンテナンスされている場合、セッションのリクエストは下図に示す点線のように他の正常に動作しているマシンに送信されます。 それにより、SLB クラスターはホットアップグレードに対応できるようになり、マシン障害またはシステムメンテナンスなどの状況によりビジネスに与える影響を防ぐことができます。

接続が確立されていない場合 (3 ウェイハンドシェイクができていない場合)、または接続は確立されているがセッションの同期は開始されない場合、ホットアップグレードは接続が中断されないという保証はできません。クライアントが接続を再開する必要があります。