Server Load Balancerは、高トラフィックのアプリケーションに適しており、可用性と信頼性が向上します

アプリケーションの負荷分散

Server Load Balancerは、着信トラフィックを複数のバックエンドサーバー(ECSインスタンス)に自動的に配信できます。 また、セッション維持を構成することによって、同一クライアントからのリクエストを同一バックエンドサーバーに分散することができます。

アプリケーション機能の拡張

ビジネスニーズに応じて、いつでもバックエンド ECS インスタンスを追加または削除してサービス機能を拡張できます。 自動スケーリング機能と一体化することで、バックエンドサーバーに事前設定されたしきい値が超えられると、アプリケーションはいつでも拡張可能です。

単一障害点からアプリケーションを保護

SLBインスタンスに複数のバックエンドサーバーを追加可能です。 一部のバックエンドサーバーが不具合になった場合、Server Load Balancerはそのサーバーへの着信トラフィックの配信を停止し、正常なサーバーにトラフィックを配信します。 バックエンドサーバーが復帰すると、Server Load Balancerにより自動的にトラフィックの配信が再開されます。

複数のゾーンでより優れた耐災害性を実現

より信頼性の高いサービスを提供するために、Server Load Balancerはほとんどのリージョンでの複数のゾーンにデプロイされています。 プライマリゾーンが使用できなくなる場合、スタンバイゾーンのServer Load Balancerは30秒以内に負荷分散サービスを引き継ぐことができます。 プライマリゾーンが使用可能になると、Server Load Balancerは自動的にプライマリゾーンに戻ります。

Server Load Balancerインスタンスを作成してリージョン内の複数のゾーンにデプロイすることをお勧めします。 また、バックエンドサーバーのデプロイメントにも考慮する必要があります。 効率向上のため、各ゾーンに少なくとも1つのバックエンドサーバーを追加することをお勧めします。

次の図に示すように、プライマリゾーン A が正常に動作している場合、青の線のように各ゾーンの ECSインスタンスにトラフィックが分散されます。プライマリゾーン A が使用できなくなると、黒の点線のようにバックアップゾーンの ECS インスタンスにトラフィックが分散されます。これにより、1 つのゾーンの障害によるビジネスの中断が回避されると共に、さまざまなゾーンのプロダクト間のレイテンシが減ります。



ただし、すべてのECSインスタンスをプライマリゾーンにデプロイし、スタンバイゾーンにはECSインスタンスがない場合は、 スタンバイゾーンに分散化されたリクエストを処理するECSインスタンスがないため、プライマリゾーンが利用できない場合はサービスが中断されます。 このようなデプロイメントは、高可用性を犠牲にして低遅延が達成されます。



クロスリージョンによるより優れた耐障害性を実現

複数のゾーンに複数のSLBインスタンスを作成し、対応したリージョンにECSインスタンスをバックエンドサーバーとして追加することができます。 そしてAlibaba Cloud DNSを使用して、ドメインを作成されたSLBインスタンスのIPアドレスに解決します。 リージョンが使用できなくなる場合、DNSは自動的にドメインをスタンバイServer Load Balancerに解決します。