edit-icon download-icon

ProvisionedThroughputDetails

最終更新日: Apr 17, 2018

データ構造

ReservedThroughputDetails は、テーブルの読み取り/書き込み情報用に予約されたスループット容量を示します。

  1. message ReservedThroughputDetails {
  2. required CapacityUnit capacity_unit = 1;
  3. required int64 last_increase_time = 2;
  4. optional int64 last_decrease_time = 3;
  5. required int32 number_of_decreases_today = 4;
  6. }

容量_単位

  • 型: CapacityUnit

  • 説明: 特定のテーブルの予約済み読み取り/書き込みスループット値を示します。

last_increase_time

  • 型: int64

  • 説明:前回このテーブルの予約済み読み取り/書き込みスループット容量の設定時間を増加調整し、UTC 時間で秒単位まで設定します。

last_decrease_time

  • 型: int64

  • 説明:前回このテーブルの予約済み読み取り/書き込みスループット容量の設定時間をが低下調整し、UTC 時間で秒単位まで設定します。

number_of_decreases_today

  • 型: int32

  • 説明: 直近のこのテーブルにて用意された予約済み読み込み/書き込みスループット容量が減少した回数。

関連する操作

UpdateTable

DescribeTable