edit-icon download-icon

DescribeTable

最終更新日: Sep 11, 2017

DescribeTable

アクション:

指定したテーブルの構造情報および予約済み読み書きスループット設定情報を参照します。

リクエストの構造:

  1. message DescribeTableRequest {
  2. required string table_name = 1;
  3. }

table_name:

  • 型: 文字列

  • 必須パラメーター: はい

  • 照会するテーブルの名前。

応答メッセージの構造:

  1. message DescribeTableResponse {
  2. required TableMeta table_meta = 1;
  3. required ReservedThroughputDetails reserved_throughput_details = 2;
  4. required TableOptions table_options = 3;
  5. optional StreamDetails stream_details = 5;
  6. repeated bytes shard_splits = 6;
  7. }

table_meta:

型: TableMeta

テーブルのスキーマ。テーブル作成時に指定したスキーマと同じもの。

reserved_throughput_details:

型: ReservedThroughputDetails

このテーブルの、予約済み読み書きスループット設定情報。これには、現在予約済みの読み書きスループット設定が含まれるほか、これらの設定の最終更新日時、当日中に設定が下げられた回数も含まれます。

table_options:

  • 型: TableOptions

  • table_options パラメーターの最新値。

StreamSpecification

  • 型: StreamSpecification

  • 必須パラメーター: いいえ

  • ストリームの関連属性を有効にするかどうかを指定します。

shard_splits:

  • 型: Bytes

  • 現在のテーブル内のすべてのシャードの分割ポイント。