edit-icon download-icon

CreateTable

最終更新日: Apr 17, 2018

アクション

このAPIでは指定したテーブルの構造情報に基づいてテーブルを作成します。

注意:

  • 読み書き操作は、テーブルの作成直後には実行できません。一般に、読み取り/書き込み操作は、作成後約1分後に新しいテーブルに対して実行できます。
  • 1つのインスタンスに最大64のテーブルを含めることができます。制限を上げたい場合は、 チケットを開く

リクエスト構造:

  1. message CreateTableRequest {
  2. required TableMeta table_meta = 1;
  3. required ReservedThroughput reserved_throughput = 2;
  4. optional TableOptions table_options = 3;
  5. optional StreamSpecification stream_spec = 5;
  6. }

table_meta:

  • 型: TableMeta

  • 必須パラメーター: はい

  • 作成するテーブルの構造情報。ここで、table_name はこのインスタンスに固有のものである必要があります。primary_key の ColumnSchema 数は 1 ~ 4 であり、primary_key の ColumnSchema 名はテーブルの命名規則に準拠する必要があります。型の値は STRING、INTEGER またはBINARY のみを使用できます。

  • テーブルの作成後は、テーブルのスキーマを変更できません。

reserved_throughput:

  • 型: ReservedThroughput

  • 必須パラメーター: はい

  • 作成するテーブルの、初期の予約済み読み書きスループットを設定します。各テーブルでの予約済みのスループットは、書き込みと読み取りのいずれにおいても 5,000 以下にする必要があります。

  • テーブルの、予約済み読み書きスループット設定は、UpdateTable を使用してその場で変更できます。

table_options:

  • 型: TableOptions

  • 必須パラメーター: はい

  • TimeToLive と MaxVersions の設定

StreamSpecification

  • 型: StreamSpecification

  • 必須パラメーター: いいえ

  • ストリーム関連の属性を有効にするかどうかを指定します。

応答メッセージ構造

  1. message CreateTableResponse {
  2. }

考慮事項:

  • 正常に作成されたテーブルでも、すぐには読み取り/書き込みサービスを提供できません。一般的に、作成後 1 分程度で新しいテーブルでの読み取り/書き込み操作を実行できます。

  • 単一のインスタンスに存在できるテーブルは 64 個以内です。単一のインスタンスのテーブル上限数を増やす必要がある場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。