edit-icon download-icon

DeleteRow

最終更新日: Sep 11, 2017

DeleteRow

アクション:

データを 1 行削除します。

リクエストメッセージの構造:

  1. message DeleteRowRequest {
  2. required string table_name = 1;
  3. required bytes primary_key = 2; // The Plainbuffer encoding is binary
  4. required Condition condition = 3;
  5. optional ReturnContent return_content = 4;
  6. }

table_name:

  • 型: 文字列

  • 必須パラメーター: はい

  • 更新するテーブルの名前。

primary_key:

  • 型: Bytes

  • 必須パラメーター: はい

  • 削除するプライマリキー、形式:Plainbuffer。詳細についてはPlainbuffer encodingを参照してください。

condition:

  • 型: Condition

  • 必須パラメーター: はい

  • データの更新前に存在チェックを実行するかどうかを判断します。次の 2 つの値があります。

    • IGNORE は行の存在チェックを実行しないことを示します。

    • EXPECT_EXIST は行の存在が見込まれていることを示します。

  • この行の存在が見込まれているが存在しない場合は、削除操作に失敗し、エラーが返されます。行の有無を無視する場合は、行の有無によってこの操作が失敗することはありません。

return_content:

  • 型: ReturnContent

  • 必須パラメーター: いいえ

  • 行の書込みが成功した場合に返されるデータ型です。現時点では、プライマリキーのみが返され、主キー列の自動インクリメント機能に使用されます。

応答メッセージの構造:

  1. message DeleteRowResponse {
  2. required ConsumedCapacity consumed = 1;
  3. optional bytes row = 2;
  4. }

consumed:

容量単位の消費:

  • 行が存在しない場合は

    • チェック条件が IGNORE の場合、消費された書き込み容量単位数は行の主キーのサイズを4KBで割って切り上げたものです。

    • チェック条件が EXPECT_EXIST の場合、行の削除操作が失敗し、 1 つの書き込み容量単位と1 つの読み取り容量単位が消費されます。

  • 行が存在する場合は

    • チェック条件が IGNORE の場合、消費された書き込み容量単位数は行の主キーのサイズを4KBで割って切り上げたものです。

    • チェック条件が EXPECT_EXIST の場合、書き込み/書き込み容量単位が消費され、単位数は行の主キーのサイズを4KBで割って切り上げたものです。

データ量の計算については、「課金の説明」を参照してください。

  • 内部エラーコード (HTTP ステータスコード: 5XX) が返される場合、この操作では容量単位が消費されません。その他のエラーが返された場合は、1 つの書き込み容量単位が消費されます。

  • リクエストタイムアウトが発生し、結果が定義されていない場合は、容量単位が消費される場合とされない場合、どちらもありえます。

row:

  • 型: bytes

  • return_content が設定されている場合、対象データが返されます。

  • return_content が設定されていない場合、または対象データがない場合、NULL が返されます。

  • 形式:Plainbuffer。詳細についてはPlainbuffer encodingを参照してください。