edit-icon download-icon

エラーメッセージ

最終更新日: Sep 04, 2017

このセクションでは、Table Store API で考えられるすべてのエラーのエラータイプ、説明メッセージ、および HTTP ステータスコードを表示します。

次のテーブルは、Table Store によって返される可能性があるすべてのエラーメッセージを表示します。一部のエラーは、操作を再試行することで解決する可能性があります。これらのエラーメッセージには「再試行」列に「はい」の値が入ります。他のメッセージには「いいえ」が入ります。

権限の認証エラー

HTTPステータス エラーコード エラーメッセージ 説明 再試行
403 OTSAuthFailed AccessKeyID が存在しません。 AccessKeyID が存在しません。 いいえ
403 OTSAuthFailed AccessKeyID が無効です。 AccessKeyID が無効です。 いいえ
403 OTSAuthFailed ユーザーが存在しません。 このユーザーは存在しません。 いいえ
403 OTSAuthFailed インスタンスが見つかりませんでした。 このインスタンスは存在しません。 いいえ
403 OTSAuthFailed ユーザーはインスタンスにアクセスする権限がありません。 このインスタンスにアクセスする権限はありません。 いいえ
403 OTSAuthFailed インスタンスが実行されていません。 このインスタンスのステータスが実行中ではありません。 いいえ
403 OTSAuthFailed ユーザーはこのインスタンスにアクセスする権限がありません。 このインスタンスへのアクセスは許可されていません。 いいえ
403 OTSAuthFailed 署名が一致しません。 署名が一致しません。 いいえ
403 OTSAuthFailed システム時刻と x-ots-date: { Date } が一致しません。 ヘッダー内の x-ots-date 時刻と異なるサーバー時刻が許容された範囲を超えています。 いいえ

HTTP メッセージエラー

HTTPStatus ErrorCode ErrorMsg 説明 再試行
413 OTSRequestBodyTooLarge POST データのサイズが大きすぎます。 ユーザーの POST リクエストに送信されたデータ量が大きすぎます。 いいえ
408 OTSRequestTimeout リクエストがタイムアウトしました。 クライアントがリクエストの実行に時間をかけすぎました。 いいえ
405 OTSMethodNotAllowed リクエストの OTSMethodNotAllowedOnly POST 方法がサポートされています。 POST リクエストのみをサポートします。 いいえ
403 OTSAuthFailed リクエスト本文の MD5 値およびヘッダー内の x-ots-contentmd5 が一致しません。 リクエスト本文のデータに基づいて計算された MD5 がリクエストヘッダー内の x-ots-contentmd5 値と異なります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid ヘッダー: ‘{HeaderName}‘ がありません。 リクエストに必要なヘッダーがありません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なデータ形式: {Date}。 データ形式が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid サポートされていない操作: {Operation}。 リクエスト URL の操作名が無効です。 いいえ

API エラー

HTTPステータス エラーコード エラーメッセージ 説明 再試行
500 OTSInternalServerError 内部サーバーエラー。 内部エラー。内部エラーが発生した場合は、チケットを起票してください。 はい
403 OTSQuotaExhausted テーブル操作が多すぎます。 テーブル操作の実行頻度が高すぎます。 はい
403 OTSQuotaExhausted テーブル数がクォータを超過しました。 テーブル数がクォータを超過しています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なインスタンス名: {InstanceName} インスタンス名が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なテーブル名: {TableName} テーブル名が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な列名: {ColumnName} 列名が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid {ColumnType} はプライマリキーの無効なタイプです。 プライマリキー列のタイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid {ColumnType} は属性列の無効なタイプです。 属性列のタイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキー列の数値が範囲: [1, {Limit}] にある必要があります。 プライマリキー列の数値が 0 になること、または制限を超えることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid {ColumnName} の値は UTF8 エンコーディングである必要があります。 この列の値は UTF8 エンコーディングを使用する必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 属性列の長さ: {ColumnName} が MaxLength: {MaxSize} with Current Length:{CellSize} を超えました。 属性列の名前が最大の長さを超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid BatchGetRow リクエストに指定されている行はありません。 BatchGetRow リクエストに行が指定されていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 重複したテーブル名: {TableName} BatchGetRow または BatchWriteRow 操作に同じ名前のテーブルが含まれます。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 重複したプライマリキー名: '{PKName}' 重複するプライマリキー。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 制限値は 0 より大きくする必要があります。 制限パラメーターの値は 0 より大きくする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキー列: {ColumnName} の属性列名が重複しました。 操作を行に実行するときに、その行にプライマリキー列と同じ名前の属性列が含まれています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 行の数が上限: {limit} を超えています。 書き込んでいる行の合計数が上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 行を照会するときにバージョンの条件が指定されていません。 照会するときにバージョンの数が指定されていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid BatchWriteRow に行が指定されていません。 BatchWriteRow 操作に行データが存在しません。現在、BatchWriteRow 操作には、少なくとも 1 つの行を含める必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid テーブル: {TableName} に操作が指定されていません。 BatchWriteRow 操作には、TableName に対する操作が含まれていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid バッチ書き込み操作の行のタイプが無効です。 BatchWriteRow 操作の行のタイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 変更のタイプが無効です。 BatchWriteRow 操作の操作タイプが正しくありません。現在、PUT、UPDATE、および DELETE 操作のみがサポートされています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid BatchWriteRow リクエストの合計データ量が上限を超えています (上限: {LimitSize}、データ量: {UserSize})。 単一の BatchWriteRow 操作の合計サイズが上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid テーブルを作成するときに生存時間が存在しません。 テーブルを作成するときに TTL が指定されていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid テーブルを作成するときに MaxVersions が存在しません。 テーブルを作成するときに MaxVersions 属性が指定されていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 開始時刻と終了時刻は同時に指定する必要があります。 StartTime と EndTime は GetRange 操作で同時に指定する必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な列のタイプ。STRING、INTEGER、および BINARY のみ許可されています。 列のタイプが正しくありません。現在、プライマリキー列は、文字列、整数、およびバイナリタイプのみをサポートしています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な列のタイプ: {ColumnType} 列のタイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な戻り値の型: {ReturnType} 戻り値の型が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な条件: {Condition} 指定された条件が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 読み取り容量単位の値は {Limit} 未満にすることはできません。 読み取り CU 値を下限よりも小さくすることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 書き込み容量単位の値は {Limit} 未満にすることはできません。 書き込み CU 値を下限よりも小さくすることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 最初のプライマリキーを AUTO_INCREMENT にすることはできません。 最初のプライマリキーを自動増分列として設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid AUTO_INCREMENT プライマリキーは整数である必要があります。 整数列のみを自動増分列として設定できます。 いいえ
400 OTSParameterInvalid AUTO_INCREMENT プライマリキーの数は 1 以下である必要があります。 最大で 1 つの自動増分列しか設定できません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid タイプが DELETE_ONE_VERSION または DELETE_ALL_VERSION である場合は、列の値を指定することはできません。 DELETE_ONE_VERSION または DELETE_ALL_VERSION 操作では、属性値を設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid タイプが DELETE_ONE_VERSION である場合は、タイムスタンプを指定する必要があります。 1 つのバージョンのみを削除する場合は、そのバージョンを指定する必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid タイプが DELETE_ALL_VERSION である場合は、タイムスタンプを指定することはできません。 すべてのバージョンを削除する場合は、バージョンを指定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 属性列に名前が指定されていません。 属性列に名前がありません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 列名に値が指定されていません。 属性列に値がありません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid PutRow では、列名: {ColumnName} に OpType を指定することはできません。 PutRow 操作では、操作タイプを指定することはできません。操作タイプを指定する必要があるのは、UpdateRow 操作の場合のみです。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 属性列がありません。 属性列がありません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 属性列の数が上限を超えています (上限: {Limit}、列の数: {Count})。 列の数が上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキー列の長さ: {ColumnName} が上限を超えています (MaxLength: {Limit}、CurrentLength: {Current})。 プライマリキーの長さが上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキーに名前が指定されていません。 プライマリキー列の名前が設定されていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキー名: {PkName} に値が指定されていません。 プライマリキー列の値が設定されていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキー名: {PkName} に OpType を指定することはできません。 プライマリキーに操作タイプを指定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid キー名: {PkName} に Timestamp を指定することはできません。 プライマリキーにタイムスタンプを指定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 重複したプライマリキー名: {PkName} 重複するプライマリキー。 いいえ
400 OTSParameterInvalid データを読み取るときに属性列を指定することはできません。 読み取り操作では、列の値を指定する必要はありません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 削除マーカーは指定できません。 DeleteMarker を DELETE 操作以外で指定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid リクエストからの列の数が上限を超えています (上限: {Limit}、列の数: {Count})。 リクエストされた列の数が上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid タイムスタンプは [0, INT64_MAX/1000) の範囲内でなければなりません。 タイムスタンプは 0 以上 INT64_MAX/1000 未満でなければなりません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid TimeToLive は 0 または -1 より小さい値にすることはできません。 TTL は 0 または –1 より小さい値に設定することはできませんが、–1 に設定することはできます。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 最大バージョンは 0 以下にすることはできません。 MaxVersions の値を 0 以下にすることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 特定のタイムスタンプを 0 より小さい値にすることはできません。 指定されたタイムスタンプを 0 より小さい値にすることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 最大偏差は [0, INT64_MAX/1000000] の範囲内でなければなりません。 MaxTimeDeviation の値は範囲以内でなければなりません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid フィルターのシリアル化を解除できませんでした。 SDK によってカプセル化されたフィルター形式が正しくないため、フィルターのシリアル化を解除できませんでした。 いいえ
400 OTSParameterInvalid ColumnPaginationFilter のオフセットは 0 以上にする必要があります。 ColumnPaginationFilter のオフセット値は 0 以上にする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid ColumnPaginationFilter の制限は 0 より大きい値にする必要があります。 ColumnPaginationFilter の制限値は 0 以上にする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 関係フィルターのシリアル化を解除できませんでした。 おそらく SDK によってカプセル化されたフィルター形式が正しくないため、単一列フィルターのシリアル化を解除できませんでした。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 複合フィルターのシリアル化を解除できませんでした。 おそらく SDK によってカプセル化されたフィルター形式が正しくないため、結合されたフィルターのシリアル化を解除できませんでした。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 列ページネーションフィルターのシリアル化を解除できませんでした。 おそらく SDK によってカプセル化されたフィルター形式が正しくないため、行が広いフィルターのシリアル化を解除できませんでした。 いいえ
400 OTSParameterInvalid フィルターの数が最大: {Limit} を超えています。 フィルターの数が上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 特定のタイムスタンプと最大バージョンを同時に指定することはできません。 1 つのタイムスタンプと MaxVersions が同時に存在することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 特定のタイムスタンプと時間範囲を同時に指定することはできません。 1 つのタイムスタンプとタイムスタンプ範囲が同時に存在することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 特定のタイムスタンプ、時間範囲、および最大バージョンを同時に指定することはできません。 1 つのタイムスタンプ、タイムスタンプ範囲、および MaxVersions が同時に存在することはできません。いずれか 1 つだけが存在することができます。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキー列: {PkName} の属性列名が重複しました。 重複する属性列。 いいえ
400 OTSParameterInvalid PutRow リクエストの合計データ量が上限を超えています (上限: {Limit}、データ量: {Current})。 PutRow 操作のデータ量が上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid UpdateRow リクエストの合計データ量が上限を超えています (上限: {Limit}、データ量: {Current})。 UpdateRow 操作のデータ量が上限を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid テーブルオプションにパラメーターが指定されていません。 TableOption にパラメーターが設定されていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid エンコードされた入力 PK が壊れています。無効なセルキーのタイプ: xx。 セルのタイプが正しくないため、エンコードするときに PlainBuffer が無効になります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid エンコードされた入力 PK が壊れています。長さが予想よりも短くなっています。 実際の長さが予想された長さと一致しないため、エンコードするときに PlainBuffer が無効になります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid PKAutoIncr は読み取り操作には使用できません。 読み取り操作に自動増分属性を指定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid FORWARD では、開始キーを終了キーよりも小さくする必要があります。 前方照会を行うときには、開始キーを終了キーよりも小さくする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid BACKWARD では、開始キーを終了キーよりも大きくする必要があります。 後方照会を行うときには、開始キーを終了キーよりも大きくする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid BatchModify では、反復される行に対して行の存在期待度チェックはサポートされていません。 重複する行で実行された BatchWriteRow 操作では、行の存在条件チェックはサポートされていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid BatchModify では、反復される行に対して行の条件チェックはサポートされていません。 BatchWriteRow 操作では、重複する行の存在条件を更新することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid テーブル: {TableName} のすべての行で PK 列のサイズが同じではありません。 プライマリキーの数が他の行と一致しません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid MultiPut で検出された重複する行。 重複する行。 いいえ
400 OTSParameterInvalid MultiGet で検出された重複する行。 重複する行。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 列: {ColumnName} が存在しません。 列が存在しません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な最大スキャンサイズ: {Limit} GetRange の上限がしきい値を超えています。 いいえ
400 OTSParameterInvalid データ形式が無効です。 PlainBuffer エンコーディングの行データが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid double をプライマリキーとして使用することはできません。 プライマリキーに double 型は使用できません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid データ形式が無効です。不明なバリアント型が発生しました。 無効な値の型が存在するため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid RawString から PBMessage を解析できませんでした。 おそらく SDK シリアル化コードが正しくないために、Protobuf のシリアル化を解除できません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。ヘッダーが一致しません (実際: {Header}、予想: {Header})。 実際のヘッダーが予想されたヘッダーと一致しないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。PK: {PkName} の値を null にすることはできません。 PkName のプライマリキー値が null であるため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。PK が空です。 プライマリキーが見つからないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。PKTag の後に PK がありません。 プライマリキータグの後に予想されたプライマリキーの内容がないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。属性に名前がありません。 属性列名が見つからないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。属性: {Name} に値がありません。 属性列値が見つからないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。CellTag の後にセルがありません。 セルタグの後に予想されたセルの内容がないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。セル: {Name} に有効な要素がありません。 セル形式がはっきりしないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。セルが checksum[{0x0A}]”] タグで終わっていません。 セルエンコーディングが予想された CheckSumFlag で終わっていないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。行がチェックサムタグで終わっていません。 行データエンコーディングが予想された CheckSumTag で終わっていないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。タグが一致しません (実際: {TAG}、予想: {TAG})。 予想されるタグが存在しないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。文字列形式が正しくありません (サイズ: {Size})。 文字列エンコーディング形式が正しくないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid UpdateTable の容量単位が無効です。読み取り ({CU}) または書き込み ({CU}) のいずれかを負の値以外にする必要があります。 読み取りおよび書き込み CU 値は 0 以上にする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 自動インクリメント pk: {PkName} は整数にする必要があります。 自動増分列は整数型に属する必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid リクエストデータのシリアル化を解除できません。 おそらくデータが null であるか、データ形式が正しくないため、リクエストデータのシリアル化を解除できませんでした。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な行: チェックサムがありません。 行のチェックサムが見つからないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な列 ({ColumnName}): チェックサムがありません。 セルのチェックサムが見つからないため、PlainBuffer エンコーディングの列データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。チェックサムが一致しません ({UserChecksum} および {SeviceChecksum})。 UserChecksum がサーバーによって計算された SeviceChecksum と一致しないため、PlainBuffer エンコーディングの行データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid セルデータが壊れています。セルにまだデータがありますが、解析できません。 予期しない過剰なデータが存在するため、PlainBuffer エンコーディングの列データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid NaN を double 値に設定することはできません。 double 型のデータを NaN 値として設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid Infinity を double 値に設定することはできません。 double 型のデータを Infinity 値として設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な最大バージョン: {Version}。理由: 最大バージョンは正でなければなりません。 MaxVersions の値が無効です。0 より大きい値または -1 にする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な範囲。開始のタイプが終了のタイプと異なります ({BeginType} および {EndType})。 GetRange の開始キーのタイプと終了キーのタイプが一致していません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid フィルター: {Filter} のオフセットが無効です。理由: オフセットは負の値以外にする必要があります。 フィルターのオフセット値は 0 以上にする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な容量単位: {CU}。容量単位は負の値以外にする必要があります。 CU 値は 0 以上にする必要があります。 いいえ
400 OTSParameterInvalid プライマリキー: {PkName} の CellType が不明またはサポートされていません。 プライマリキーのセルのタイプを認識できません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なブール実数値 (値の長さ: {Length})。 ブール型の値の長さが無効であるため、PlainBuffer エンコーディングの列データは無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な列の名前: 名前を空にすることができません。 属性列名を null にすることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な ModifyType: {ModifyType} 更新のタイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な関係演算子: {Operation} 関係演算子が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なフィルターのタイプ: {Type} フィルターのタイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な NOT 演算子: サブフィルターの数は 1 にする必要があります。 NOT 演算子では 1 つのサブフィルターしか使用できません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な AND/OR 演算子: サブフィルターの数は 2 にする必要があります。 AND または OR 演算子では、それぞれ 2 つのサブフィルターを使用できます。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なサブフィルターのタイプ: {Type} サブフィルターのタイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 行に {Count} 個の pk 自動増分が存在します。 複数の自動増分プライマリキー列が存在します。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なアクション: {Action} 操作タイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な行の存在期待度: {Expectation} 指定された行存在値が無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 削除に無効な行。pk 自動増分が含まれています。 DELETE 操作に自動増分列属性を設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid pk 自動増分が含まれる行を変更するときに無効な期待: {RowExpect} 指定された行存在値は、プライマリキー列の自動増分が有効になっているときには無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid pk 自動増分が含まれる行を変更するときには、条件を設定することはできません。 ConditionUpdate は、プライマリキー列の自動増分が有効になっているときには設定できません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid pk 自動増分が含まれるテーブルの特定の行を変更するときに無効な期待: {RowExpect} 指定された行存在条件は、プライマリキー列の自動増分が含まれるテーブルの特定の行を変更するときには無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なセル: {Cell}。タイムスタンプがありません。 タイムスタンプがありません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なセルのタイムスタンプ: {Timestamp}。予想: [0, Version::kMax.mVersion / kUsecPerMsec] 指定されたタイムスタンプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なセルのタイムスタンプ: {Timestamp}。タイムスタンプは DELETE_ALL_VERSION には適用できません。 DELETE_ALL_VERSION を使用してすべてのバージョンを削除するときは、バージョンを指定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なセルの op タイプ: {OpType} 操作タイプが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効なセル: {Cell}。理由: 値がありません。 セルの値が見つからないため、セルが無効です。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な行の削除リクエスト。リクエストに RowDeleteMarker がありません。 DELETE リクエストに RowDeleteMarker が含まれていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な行の配置/更新リクエスト。リクエストに予期しない RowDeleteMarker が含まれています。 PutRow および UpdateRow に RowDeleteMarker を含めることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な行の更新リクエスト。リクエストにセルがありません。 UpdateRow に属性列値が含まれていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な行の削除リクエスト。リクエストに予期しないセルがあります。 DeleteRow に属性列値を含めることはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 無効な行の配置リクエスト。値のないセルがあります。 PutRow に属性列値が含まれていません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid ハイブリッドストレージクラスター: {TableName} で読み取り容量単位を予約できません。 予約済みの読み取り CU をハイブリッドストレージタイプのインスタンスに設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid ハイブリッドストレージクラスター: {TableName} で書き込み容量単位を予約できません。 予約済みの書き込み CU をハイブリッドストレージタイプのインスタンスに設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 最初のプライマリキーを自動増分にすることはできません (テーブル: {TableName})。 最初のプライマリキーを自動増分列として設定することはできません。 いいえ
400 OTSParameterInvalid 自動増分プライマリキーの数は 1 より大きい値にすることはできません。 自動増分列の数は 1 を超えることはできません。 いいえ

Table Store ストレージの例外

HTTPステータス エラーコード エラーメッセージ 説明 再試行
503 OTSServerBusy サーバーがビジーです。 Table Store の内部サーバーがビジーです。後で再試行することで、操作を実行できます。 はい
503 OTSPartitionUnavailable パーティションは使用できません。 シャードを読み込んでいます。後で再試行することで、操作を実行できます。 はい
503 OTSTimeout 操作がタイムアウトしました。 Table Store の内部操作がタイムアウトしました。 はい
503 OTSServerUnavailable サーバーは使用できません。 Table Store の内部サーバーにアクセスできません。 はい
409 OTSRowOperationConflict データが他のリクエストによって変更されています。 複数の並行リクエストが同じ行を書き込もうとしているため、競合が発生しています。 はい
409 OTSObjectAlreadyExist リクエストされたテーブルが既に存在します。 リクエストによって作成されたテーブルが既に存在します。 いいえ
404 OTSObjectNotExist リクエストしたテーブルが存在しません。 リクエストしたテーブルが存在しません。 いいえ
404 OTSTableNotReady テーブルの準備がまだできていません。 テーブルを作成した後、テーブルを初期化しています。使用できるようになるまで数秒かかることがあります。 はい
403 OTSTooFrequentReserved ThroughputAdjustment 容量単位の調整が多すぎます。 予約済みの読み書きスループットの調整頻度が高すぎます。 はい
403 OTSCapacityUnitExhausted 容量単位が不十分です。 このシャードに対する予約済み読み書きスループットはすべて使用されています。 いいえ
403 OTSConditionCheckFail 条件のチェックに失敗しました。 事前照会の条件チェックに失敗しました。 いいえ
400 OTSOutOfRowSizeLimit 1 行の列の合計データ量が上限を超えました。 この行のすべての列の合計データ量が上限を超えています。 いいえ
400 OTSOutOfColumnCountLimit 1 行の列の数が上限を超えました。 この行の列の合計数が上限を超えています。 いいえ
400 OTSInvalidPK プライマリキーのスキーマが一致しません。 プライマリキーが一致しません。 いいえ