edit-icon download-icon

異なる RDS インスタンスで名前が異なるデータベース間でのデータの移行

最終更新日: Apr 17, 2020

シナリオ

このトピックでは、Data Transmission Service(以降、DTS) を使用して、異なる RDS インスタンス内で名前の異なるデータベース間でデータを移行する方法について説明します。このトピックは、DTS を使用してソースインスタンスの amptest データベースをターゲット RDS インスタンスの jiangliu_amptest データベースに移行する例に基づいています。DTS を使用して、異なる RDS インスタンスで名前の異なるデータベース間でデータを移行する方法を学習できます。

*注:ソースインスタンスとターゲットインスタンスのタイプが RDS でない場合、移行の設定手順は同じです。

前提条件

特定のデータベースタイプが指定された RDS インスタンスとデータベース (ソース RDS インスタンスの amptest データベースとターゲット RDS インスタンスの jiangliu_amptest データベース) が作成されていること。

手順

  1. ターゲット RDS インスタンスが属する Alibaba アカウントを使用して、DTS コンソールにログインします。コンソールの右上にある [移行タスクの作成] をクリックして、タスクを設定します。

  2. 次の図に示すように、インスタンスの接続情報を設定します。

    移行タスク名を設定し、移行するソースインスタンスとターゲットインスタンスの接続情報を設定します。具体的には、次のとおりです。

    • タスク名

    デフォルトでは、各タスクに自動的に名前が生成されます。タスク名は一意である必要はありません。名前は変更可能です。識別しやすい名前を使用することを推奨します。

    • ソースインスタンスの接続情報

      • インスタンスタイプ:[RDS インスタンス] を選択します。
      • RDS インスタンス ID:ソース RDS インスタンスの ID を設定します。
      • データベースアカウント:RDS インスタンスにアクセスするためのアカウントです。
      • データベースのパスワード:上記のデータベースアカウントのパスワードです。
    • ターゲットインスタンスの接続情報

      • インスタンスタイプ:[RDS インスタンス] を選択します。
      • RDS インスタンス ID:ターゲット RDS インスタンスの ID を設定します。
      • データベースアカウント:RDS インスタンスにアクセスするためのアカウントです。
      • データベースのパスワード:上記のデータベースアカウントのパスワードです。

    接続の設定

  3. 移行タイプと移行オブジェクトを設定し、移行データベース amptest を選択します。ソースインスタンスの amptest データベースをターゲット RDS インスタンスの jiangliu_amptest データベースにマッピングします (次図を参照)。

    2

  4. データベース名のマッピングを設定するには、右側で [選択済みオブジェクト] リストを見つけ、表示される [編集] ボタンをクリックします。[編集] をクリックすると、データベース名のマッピングの設定ページに移動します (次図を参照)。

    3

  5. 設定が完了したら、[事前チェックと開始] をクリックします (次図を参照)。移行タスクの開始前に事前チェックが実行されます。

    • 事前チェック成功:移行が正常に開始されます。
    • 事前チェック失敗:チェック後にボタンをクリックして、エラーの詳細を表示します。エラーの詳細に従ってエラーを修正してから、事前チェックを再度実行します。

    4

    事前チェックに合格すると、移行タスクを開始できます。

DTS を使用して、異なる RDS インスタンスで名前の異なるデータベース間でのデータ移行が完了しました。