edit-icon download-icon

サブスクリプションチャネルの作成

最終更新日: Oct 30, 2019

DTS は、RDS MySQL の増分データサブスクリプション機能を提供します。増分データをサブスクライブして消費するには、次の手順を実行します。

  1. DTS コンソールで、RDS インスタンスのサブスクリプションチャネルを作成します。
  2. DTS が提供するSDK を使用して、サブスクリプションチャネルに接続し、増分データをサブスクライブして消費します。

このトピックでは、DTS コンソールでサブスクリプションチャネルを作成する手順について説明します。

  1. サブスクリプションチャネルの購入

    DTS コンソールにログインし、[データサブスクリプション] ページに移動します。

    ページの右上にある [データサブスクリプション作成] をクリックします。

    サブスクリプションチャネルを設定するには、購入する必要があります。データサブスクリプションは、サブスクリプションと従量課金の課金方法がサポートされています。必要なものを選択できます。

    購入ページで次のパラメーターを設定します。

    • ソースリージョン

    サブスクリプションチャネルのソース RDS インスタンスが配置されているリージョン。

    一度に購入するサブスクリプションチャネルの数。従量課金インスタンスを選択した場合、一度に 99 リンクまで購入できます。

    サブスクリプションチャネルの購入

    サブスクリプションチャネルを購入したら DTS コンソールに戻り、新しく購入したリンクの右側にある [サブスクリプションチャネルの設定] をクリックして、リンクの設定を開始します。

  2. RDS インスタンスの設定

    • チャネル名

    チャネル名は一意である必要はありません。便宜上、識別しやすい名前を使用することを推奨します。

    • サブスクリプションチャネルの RDS インスタンス ID。

    サブスクライブする RDS インスタンスを選択します。Alibaba Cloud アカウントの RDS for MySQL インスタンスのみがドロップダウンリストに表示されます。

    サブスクリプション設定_ステップ 1

    上記の設定を行ったら、右下にある [ホワイトリストを承認して次のステップに進む] をクリックします。

  3. RDS インスタンスのホワイトリストの設定

    データ送信サーバーの IP アドレスを、サブスクリプション用の RDS インスタンスのホワイトリストに追加します。RDS ホワイトリストにより、データ送信サーバーは RDS に接続可能になり、サブスクリプションチャネルの作成時に失敗するエラーを回避できます。

    サブスクリプションチャネルの安定性を確保するため、サブスクリプション中にこれらのサーバーの IP アドレスを RDS インスタンスのホワイトリストから削除しないでください。

    ホワイトリストを設定したら、[次へ] をクリックして同期アカウントを作成します。

  4. サブスクリプションオブジェクトの選択

    このステップでは、サブスクライブするオブジェクトを選択する必要があります。

    DTS でサポートされるサブスクリプションオブジェクトは、データベースとテーブルです。特定のデータベースまたはテーブルをサブスクライブできます。

    DTS でサポートされるサブスクリプションデータタイプは、[データ更新] と [構造更新] です。サブスクリプションオブジェクトと [データ更新] が選択されている場合、挿入、削除、更新の 3 種類のデータ更新のみをサブスクライブできます。構造更新 (DDL) をサブスクライブする場合、サブスクリプションデータタイプとして [構造更新] を選択します。構造更新をサブスクライブする場合、RDS インスタンス内のすべての構造更新がリストされます。SDK を使用してデータをフィルタリングする必要があります。

    サブスクリプション設定_ステップ 2

    サブスクリプションオブジェクトが選択された後、サブスクリプションチャネルが開始される前に事前チェックが実行されます。

  5. 事前チェック

    サブスクリプションチャネルが設定された後、事前チェックが実行されます。事前チェックが成功したら、[サブスクライブ] をクリックしてサブスクリプションチャネルを開始します。

  6. サブスクリプションの開始

    作成したサブスクリプションチャネルの初期化には、約 1 分かかります。初期化が完了したら、SDK を使用して、サブスクライブされたデータをオンラインで表示したり、増分データをサブスクライブしたりできます。