edit-icon download-icon

従量課金からサブスクリプションへの切り替え

最終更新日: Jul 02, 2018

DTS インスタンスを作成する場合は、最初に課金方法を選択する必要があります。データサブスクリプションおよびデータ同期インスタンスは、次の課金方法で利用できます。

  • 従量課金: インフラストラクチャのクラウド環境への移行に便利です。
  • サブスクリプション: 長期的には費用対効果が高くなります。

従量課金インスタンスの場合、基本的なオペレーションラインに影響を与えることなく、課金方法をサブスクリプションに切り替えることができます。

このドキュメントでは、切り替え方法について説明します。少なくとも 1 つの従量課金のサブスクリプションまたは同期インスタンスがあることを確認してください。

手順

課金方法のサブスクリプションへの切り替えは、次の手順で行います。

  1. DTS コンソールにログインします。

  2. 変更するサブスクリプションまたは同期インスタンスのリージョンをクリックして、対応するインスタンスリストを入力します。

  3. 切り替え対象の従量課金インスタンスの下の [サブスクリプションに切り替え] をクリックしてください。

  4. ダイアログボックスで、切り替え対象の従量課金インスタンスを選択し、[OK] をクリックします。

切り替えプロセスの後、元の従量課金インスタンスはサブスクリプションインスタンスになり、従量課金リンクはなくなります。