edit-icon download-icon

データサブスクリプション

最終更新日: May 17, 2018

データサブスクリプションは、特定の RDS インスタンスのリアルタイム増分データを取得するのに役立ちます。キャッシュ更新、メッセージ通知、異種データソース間のリアルタイムデータ同期、複雑な ETL とのリアルタイムデータ同期などのシナリオに適用できます。

特徴

DTS サブスクリプションの主な機能は次のとおりです。

  • クラシックネットワークの RDS インスタンスからデータ変更を取得する。

  • VPC ネットワーク内の RDS インスタンスからデータ変更を取得する。

サブスクリプションオブジェクト

サブスクリプションオブジェクトには、データベースとテーブルが含まれます。必要に応じて、選択したテーブルの増分データをサブスクライブできます。

増分データは、DML (データ操作言語) と DDL (データ定義言語) の 2 種類の形式があります。設定中に、どのデータ形式でサブスクライブするか決定できます。

サブスクリプションチャネル

特定の RDS インスタンスからデータをサブスクライブするには、DTS コンソール上で、サブスクリプションチャネルを作成し、それを RDS インスタンスに割り当てる必要があります。

作成時に、サブスクリプションチャネルはソース RDS インスタンスから増分データを取得し始め、取得されたデータをローカルに格納します。したがって、DTS SDK を使用して、サブスクリプションチャネルから増分データをサブスクライブして消費することができます。

1 つのサブスクリプションチャネルは、1 つの下流 SDK だけがサブスクライブできます。1 つの RDS インスタンスの増分データが複数の SDK によって要求された場合、SDK ごとに対応するサブスクリプションチャネルを作成する必要があります。これらのチャネルのサブスクリプションターゲットは、同じ RDS インスタンスです。

サブスクリプションチャネルは、作成および進行状況が異なる状態を表示します。

チャネルの状態 説明 利用可能な操作
事前チェック サブスクリプションインスタンスが事前チェックを実行中です。
  • 削除
開始前 サブスクリプションチャネルは設定されていますが、開始されていません。
  • 開始
  • 削除
初期化中 サブスクリプションチャネルが初期化中です。このプロセスには最大 1 分かかることがあります。
  • 削除
正常 サブスクリプションチャネルが実行中です。
  • サブスクリプションデータの表示
  • 削除
異常 サブスクリプションチャネルに問題が発生しました。
  • サンプルコードの閲覧
  • 削除

利点

DTS サブスクリプションには次の機能があります。

  • サブスクリプションオブジェクトの変更

    サブスクリプションチャネルが実行されているときにサブスクリプションオブジェクトを追加または削除できます。

  • サブスクリプションデータの可視化

    DTS コンソールでサブスクリプションチャネルのデータを表示できます。

  • 消費時間の変更

    要件に応じて、DTS コンソールでサブスクリプションチャネルの消費時間を変更することができます。