一時インスタンスは MySQL タイプのデータベースではサポートされなくなったため、インスタンスを複製してプライマリインスタンスにデータを復元することによってバックアップすることをお勧めします。

指定された RDS インスタンスと元のインスタンスがまったく同じ新しいインスタンスを一括コピーできます。コピーされたコンテンツにはインスタンスデータと、インスタンスに設定できるパラメータ(バックアップ設定、パラメータセットなど)パラメーター )。バッチで同一のインスタンスを作成するには、インスタンスのクローン機能を使用して、既存のインスタンスの複数のコピーをすばやく作成します。

データリカバリ機能は、データベースの誤動作による被害を最小限に抑えます。一時インスタンスを使用してマスターインスタンスにデータをリカバリすることをお勧めします。

一時インスタンスを作成しても、現在の本番インスタンスには影響ありませんが、データアクセスのための一時インスタンスが提供されます。データを一時インスタンスにリカバリし、データをマスターインスタンスに移行する前に確認することをお勧めします。これにより、サービスに対するデータ復旧の影響を回避できます。

予防措置:

  • 一時インスタンスは、バックアップファイルのアカウント番号とパスワードを継承します。

  • - インスタンスは古典的なネットワークに属していなければなりません。

  • 一時インスタンスは、そのインスタンス名をパスワードとして使用します。

  • - 同時に生成できる一時インスタンスは 1 つだけです。一時インスタンスを作成する前に、既存の一時インスタンスを削除してください。

  • 一時インスタンスは請求されませんが、作成が成功してから 48 時間以内に有効になると、自動的に解放されます。

手順

  1. RDS 管理コンソールにログインします。
  2. ターゲットインスタンスが配置されているリージョンを選択します。
  3. ターゲットインスタンスの ID をクリックして、「基本情報」ページに移動します。
  4. 一時インスタンスタブを選択します。
  5. ターゲット時刻に最も近い期間を選択します。インスタンスは、設定された時点より前に最後にバックアップされた時刻にリストアし、「一時インスタンスの作成」をクリックします。
  6. ポップアップダイアログボックスで「OK」をクリックして、一時インスタンスを作成します。
  7. ターゲットマスターインスタンスの ID をクリックして、基本情報ページに入ります。
  8. ページの右上隅にある移行データベースをクリックして、データ転送(DTS)コンソールに入ります。
  9. 左側のナビゲーションでデータ移行を選択して、移行タスクリストページに入ります。

  10. 「マイグレーションタスクの作成」をクリックして、マイグレーションタスクの作成ページに入ります。
  11. タスク名、ソースデータベース情報、およびターゲットデータベース情報を入力します。


    パラメータの説明:

    • 既定では、DTS は各タスクの名前を自動的に生成します。特定のサービスを示す名前を編集して、タスクを簡単に識別することができます。

    • ソースライブラリ情報:

      • インスタンスの種類:データベースのインスタンスの種類、および RDS インスタンスを選択します。

      • インスタンスリージョン:プライマリインスタンスと同じリージョンを選択します。

      • RDS インスタンス ID:ドロップダウンメニューをクリックして、クローンインスタンスの ID を選択します。

      • データベースアカウント:メインインスタンスアカウントと一貫性があり、移行するすべてのデータに対してアカウントに読み取り/書き込みアクセス権が必要です。

      • データベースパスワード:メインインスタンスアカウントと同じパスワード。

      • 接続者:暗号化されていない接続または暗号化された接続を選択できます。SSL セキュア接続を選択するには、ソースライブラリインスタンスを SSL で最新の状態にする必要があります。

    • ターゲットデータベース情報

      • インスタンスのタイプ:デフォルトは RDS インスタンスです。

      • インスタンスリージョン:プライマリインスタンスが存在するリージョン。

      • - RDS インスタンス ID:ターゲット RDS インスタンスの ID ドロップダウンリストをクリックして、オンデマンドインスタンスにマップされたマスターインスタンス ID を選択します。

      • データベースアカウント:メインインスタンスアカウントの場合、アカウントには移行するすべてのデータに対する読み取り/書き込みアクセス権が必要です。

      • データベースパスワード:メインインスタンスアカウントのパスワード。

      • 接続者:暗号化されていない接続または暗号化された接続を選択できます。SSL セキュア接続を選択するには、ターゲットライブラリインスタンスを SSL で最新の状態にする必要があります。

  12. Authorization White List をクリックして、移行タイプとリストページに次のステップを入力します。
  13. マイグレーションタイプを選択し、マイグレーションオブジェクト列でマイグレーションするオブジェクトを選択し、選択したオブジェクト列にマイグレーションするオブジェクトをクリックします。ターゲットデータベース上のマイグレーション済みオブジェクトの名前を変更する場合は、変更が必要なデータベース上にマウスを置いて、オブジェクトを選択することができます。
  14. 事前チェックをクリックして開始します。
    注意
    • 移行タスクが正式に開始される前に、事前チェックが実行されます。マイグレーションは、事前チェックが成功した後にのみ開始できます。 特定の事前確認コンテンツについては、事前確認を参照してください。

    • 事前検査の下では、説明する例は合格しません。事前チェックスルーの場合は、ステップ 16 に直接ジャンプします。

  15. 事前チェック失敗の結果が表示された場合は、検出結果が失敗した後に検出項目をクリックしてください!次の図に示すように、障害の詳細を表示します。修正した後失敗に基づいて、データ移行タスクの一覧でタスクを選択して、再確認することができます。


  16. トラブルシューティングの後、移行タスクの一覧ページで、新しく作成した移行タスクを選択し、開始をクリックします。
  17. プレチェックパス情報が表示されたら、[OK]をクリックします。
  18. 購入構成確認ページで、構成情報を確認し、データ転送(ボリュームごとの支払い)の利用規約を確認し、今すぐ購入をクリックして開始します。