RDS は、クラシックネットワークと Virtual Private Cloud (VPC) の 2 種類のネットワークタイプをサポートしています。 VPC はセキュリティが高いので VPC を使用することを推奨します。 この文書は 2 つのネットワークタイプ間の違いおよびネットワークタイプ間の切り替え方法について説明します。

サービスを中断することなくインスタンスをクラシックネットワークから VPC に移行するには、 「従来のネットワークから VPC へのスムーズな移行のためのハイブリッドアクセスソリューション」をご参照ください。

背景情報

Alibaba Cloud プラットフォームでは、従来のネットワークと VPC は次の点で異なります。

  • クラシックネットワーク: クラシックネットワーク内のクラウドサービスは分離されておらず、不正アクセスはクラウドサービスのセキュリティグループまたはホワイトリストポリシーによってのみブロックできます。
  • VPC: Alibaba Cloud で独立したネットワーク環境を構築するのに役立ちます。 VPC のルーティングテーブル、IP アドレス範囲、およびゲートウェイをカスタマイズできます。 さらに、Alibaba Cloud VPC のデータセンターとクラウドリソースを専用回線または VPN を使って仮想データセンターに統合し、アプリケーションをクラウドにスムーズに移行することができます。

注意

  • ネットワークタイプを切り替えた後は、元のイントラネット IP アドレスは変更され、インターネット IP アドレスは変更されません。 必要に応じてアプリケーションの接続アドレスを更新します。 たとえば、RDS インスタンスがクラシックネットワークから VPC に切り替えた後、クラシックネットワークのイントラネット IP アドレスが解放され、VPC IP アドレスが生成されます。 そのため、従来のネットワークの ECS インスタンスは、イントラネットを使って RDS インスタンス へはアクセスできなくなります。
  • MySQL 5.5、MySQL 5.6、または SQL Server 2008 R2 インスタンスをクラシックネットワークから VPC に切り替えるには、アクセスモードをセーフ接続モードに設定する必要があります。 アクセスモードを切り替えるには、 「データベースプロキシモードを無効にする」をご参照ください。
    中国 (青島)、中国 (北京)、中国 (杭州)、および中国 (香港) の各リージョンの MySQL 5.5、MySQL 5.6、および SQL Server 2008 R2 インスタンスには、この制約はありません。
  • ネットワークタイプの切り替え中に、RDS サービスが約 30 秒間中断されることがあります。 したがって、オフピーク時にネットワークタイプを切り替えるか、アプリケーションに自動再接続メカニズムがあることを確認します。

手順

  1. RDS コンソールにログインします。
  2. ターゲットインスタンスのリージョンを選択します。
  3. インスタンスの ID をクリックして、[基本情報] ページに移動します。
  4. 左側のナビゲーションウィンドウで、[接続オプション] をクリックし、[接続オプション] ページを開きます。
  5. ネットワークの種類を切り替えるには、次の手順を実行します。
    • 従来のネットワークから VPC に切り替える
      1. [VPC への切り替え] をクリックします。
      2. VPC と仮想スイッチを選択します。
        • ドロップダウンリストに VPC または仮想スイッチが表示されない場合、または VPC と仮想スイッチが必要なものでない場合は、RDS インスタンスと同じリージョンにある VPC と仮想スイッチを作成します。 VPC を作成するには、「VPC の作成」をご参照ください。 仮想スイッチを作成するには、 「スイッチを作成する」をご参照ください。
        • MySQL 5.5、MySQL 5.6、および SQL Server 2008 のインスタンスでは、従来のネットワークから VPC に切り替える場合、それらのアクセスモードは安全な接続モードである必要があります。 アクセスモードを切り替えるについでは、「 データベースプロキシモードを無効にする」をご参照ください。


      3. [OK] をクリックします。
    • VPC から従来のネットワークへの切り替え
      1. [クラシックネットワークに切り替える] をクリックします。
      2. [OK] をクリックします。