高可用性インスタンスは、マスターインスタンスとスレーブインスタンスで構成されています。 マスターインスタンスとスレーブインスタンスは、同じリージョン内の異なるゾーンにあります。

マスターインスタンスのデータは、リアルタイムでスレーブインスタンスに同期されます。 マスターインスタンスにのみアクセスできます。 スレーブインスタンスはバックアップとしてのみ存在します。 ただし、ラック(マスターインスタンスが配置されている場所)でエラーが発生した場合、マスターインスタンスとスレーブインスタンスを切り替えることができます。 切り替えた後、元のマスターインスタンスがバックアップインスタンスになり、ラックレベルの耐障害性を実現できます。

この文書では、マスターインスタンスとスレーブインスタンスを切り替える方法について説明します。

注意

  • 現在、この操作は MySQL 5.7 の Basic Edition およびSQL Server 2012/2016 インスタンスには適用されません。 これは、Basic Edition インスタンスにはスレーブノードがないためです。
  • マスターインスタンスとスレーブインスタンスを切り替えると、一時的に切断される可能性があります。 アプリケーションに再接続設定があることを確認してください。

手順

  1. RDS コンソールにログインします。
  2. 対象インスタンスのリージョンを選択し、対象インスタンスの ID をクリックします。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンスの可用性] を選択します。
  4. "可用性情報" エリアで、[マスター/スレーブインスタンス の切り替え] をクリックします。
  5. [今すぐ切り替える] または [メンテナンス期間中に切り替える] を選択します。
    切り替え中は、多くの操作を実行できません。 そのため、メンテナンス期間内に切り替えることを推奨します。


  6. メンテナンス期間を変更する方法は、次のとおりです。
    1. [変更] をクリックして [基本情報] ページを開きます。


    2. 左下隅にある [設定情報] エリアで、メンテナンス期間を選択し、[保存] をクリックします。


    3. マスターインスタンスとスレーブインスタンスを切り替えるページに戻り、ページを更新します。
  7. [確認] をクリックします。