edit-icon download-icon

パラメーターの設定

最終更新日: Feb 15, 2018

RDS では、一部のインスタンスパラメーターを定義できます。変更できるパラメーターの詳細については、RDS コンソールの [パラメーターの設定] を参照してください。

背景情報

RDS はネイティブデータベースサービスと完全に互換性があり、ユーザーのパラメーターの設定方法も同様です。この例を参考にして RDS コンソールを使用したパラメーター変更が可能です。または、その他の方法として API を使用してデータベースにログインし関連するコマンドを実行することができます。

データベースパラメーターの説明については、以下のリンクをクリックして各データベースバージョンの公式ドキュメントを参照してください。

操作手順

  • パラメーターの個別修正
  1. RDS コンソールにログインし、対象のインスタンスを選択します。
  2. インスタンスメニューの [パラメーターの設定] をクリックします。
  3. [パラメーター名] に対応する [適用中のパラメーター値] 列にカーソルを移動し、[編集アイコン] をクリックします (下図を参照)。Modifying Parameters
  • 複数のパラメータを変更するには:

1. Export Parameters をクリックして、パラメータファイル(.txt)をローカルデバイスにエクスポートします。ローカルデバイスには、次の図の1とマークされています。

2.パラメータファイルを開き、関連するパラメータを一括変更します。

3.次の図の2とマークされた Import Parameters をクリックします。

4.インポートパラメータウィンドウで、変更するパラメータとパラメータ値を貼り付け、次の図の3と4とマークされた OK をクリックします。

5.パラメータの変更結果をパラメータリストで確認し、次の図の5とマークされた Submit modify をクリックします。

変更履歴の表示

[変更履歴] タブページで変更履歴レコードを見ることができます。