概要

ApsaraDB for Relational Database Service (RDS) は、自動スケーリング機能を備えた安定した信頼性の高いオンラインデータベースサービスです。 Apsara 分散ファイルシステムと高性能 SDD ストレージに基づいて、RDS は MySQL、SQL Server、PostgreSQL、および PPAS エンジンをサポートし、ディザスタリカバリ、バックアップ、復元、監視、移行などのための完全なソリューションを提供します。 これにより、データベースを運用および管理するのに役立ちます。 RDS のメリットについては、 「メリット」をご参照ください。

本ドキュメントでは、RDS の機能について説明し、 RDS コンソールを使用して RDS を設定する手順について説明します。 API と SDK を使って RDS を管理することもできます。

テクニカルアシスタントが必要な場合は、RDS コンソールを開き、[テクニカルサポート] > [新規チケット起票] をクリックするか、こちらをクリックしてチケットを提出します。

RDS の機能と価格設定の詳細については、 ApsaraDB for RDS の公式ウェブサイトにログインしてください。

声明

本ドキュメントに記載されている一部の機能やサービスは、特定のリージョンでは利用できない場合があります。 特定の契約条件については、関連する商業契約をご参照ください。

このドキュメントはユーザーガイドとしてご利用いただけます。 このドキュメントの内容は、 保証の内容を明示、または黙示するものではありません。

この文書の内容は、製品のアップグレードおよびその他の多くの要因に基づいて更新されています。 まずドキュメントのバージョンが対応するソフトウェアの最新バージョンと一致していることを確認してください。

検討事項

RDS は複数の種類のデータベースをサポートします。 本ドキュメントでは、MySQL を例としてRDS の機能と使用方法について説明します。 データベースの種類によっては、特定の機能をサポートしていない場合があります。 実際の インターフェイス は多少異なる場合があります。

一般用語

  • インスタンス: 物理メモリを個別に占有するデータベースサービスプロセスを指します。 さまざまなメモリサイズ、ディスク容量、およびデータベースタイプを設定できます。その中で、メモリ仕様によってインスタンスのパフォーマンスが決まります。 インスタンスが作成された後は、いつでも設定を変更してインスタンスを削除できます。
  • データベース: インスタンス内に作成された論理ユニット。 インスタンスには複数のデータベースを作成でき、データベース名はインスタンス内で一意です。
  • リージョンとゾーン: リージョンは物理的なデータセンターです。 ゾーンは、リージョン内に電力とネットワークが互いに独立している物理的なエリアです。 詳細については、「 Alibaba クラウドグローバルインフラストラクチャ」 「」をご参照ください。

一般的な規則

用語 説明
ローカルデータベース/ソースデータベース ローカル機器室に配置されたデータベース、またはApsaraDB にないデータベースを指します。 ほとんどの場合、このドキュメントで ApsaraDB に移行されるソースデータベースを指します。
XX 用 RDS (MySQL、SQL Server、PostgreSQL、PPAS) これは、特定のデータベースタイプの RDS を示します。たとえば、RDS for MySQL は、データベースタイプが MySQL の RDS で有効になっているインスタンスを意味します。